燧ヶ岳(大清水〜燧ヶ岳〜鳩待峠)

【日程】 2012年9月15日~16日(晴れ)
【山域】 尾瀬
【山名】 燧ヶ岳(大清水〜燧ヶ岳〜鳩待峠)
【メンバー】 個人山行2名
【アクセス】新宿駅西口(関越交通高速バス 尾瀬号)→大清水
【CT】
9/15 5:40大清水ー6:30一ノ瀬休憩所ー8:00三平峠ー8:20尾瀬沼山荘-8:40尾瀬沼ビジターセンター9:10ー 長英新道ー12:00ミノブチ岳ー12:40 俎嵓ー13:10柴安嵓(燧ヶ岳山頂)14:00ー見晴新道ー16:30見晴(下田代十字路)ー17:00竜宮小屋
9/16 7:30竜宮小屋-8:20ヨッピ吊橋-9:00牛首分岐-10:10尾瀬山の鼻ビジターセンター10:50-12:00鳩待峠
◆行動時間 計15時間50分 (1日目:11時間20分 2日目:4時間30分)  
 合計距離 22.7km 
 累積標高(上り)1069m 
 最高点の標高 2356m

東北最高峰の燧ヶ岳へ。大昔、燧ヶ岳の噴火活動により、現在の尾瀬の湿原が形成された。

早朝のひっそりとした大清水からブナ、ダケカンバ、オオシラビソなどの樹林を抜けて三平峠へ。数年前、残雪期に逆ルートで苦労したことを思い出す。

ツキノワグマの目撃が相次いでるので、鈴をじゃらじゃら鳴らして延々と歌いながら。

森のクマさんの歌歌いながら歩いてたら、5メートル先に突然クマが出てきてガオーーとやられた方の話を最近聞いたので、この歌だけは封印。

好天に恵まれ、尾瀬沼越しに眺める燧ヶ岳が綺麗。尾瀬沼から大江湿原に出て、長英新道の樹林をひたすら登る。

後半は急登、ミノブチ岳に出てようやく視界が開ける。

最後、俎嵓頂上から最高地点の柴安嵓にかけての岩場の登りは結構きつかった。

山頂でパンとハムを焼いてレタスとチーズをのせるという新たな試みは成功。

見晴新道のガレ場の急坂をひたすら下るが、これがまた単調で長い。見晴から尾瀬ヶ原を通り竜宮小屋へ。

2日目は至仏山の予定を変更して、草紅葉の始まった尾瀬ヶ原をのんびりと歩いて鳩待峠まで出た。

至仏山、燧ヶ岳ともに素晴らしい眺め。尾瀬ヶ原はミズバショウの時期に歩いたことがあるが、秋が始まろうとするこの時期もまた、静かで優しく心打たれる。

来年はニッコウキスゲの時期に至仏山を登りたい。

山小屋では老夫婦と相部屋だった。ご主人は若いときは標準コースタイムの半分で歩いてたらしいが、今は逆に2倍かかるらしい。

頂上だけが山ではない、年齢に応じた山の楽しみ方があるとの言葉が印象的だった。

その昔に尾瀬でクマと鉢合わせして、走って逃げたら、クマも逆に走って逃げたらしい。山っていいね。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。