富士山 富士宮ルート (2012年8月15日~16日)

【日程】 2012年8月15日~16日(雨→晴れ)
【山域】 富士山
【山名】 富士山・剣ガ峰 富士宮ルート
【形態】 縦走/ハイキング
【メンバー】 個人山行2名
【アクセス】新宿駅西口(富士急行高速バス)→富士山富士宮口・新五合目
【CT】
8/15 11:30富士宮口五合目ー12:00六合目(雲海荘)ー13:10新七合目(御来光山荘)-13:40七合目(山口山荘)ー15:20八合目(池田館)ー16:00九合目(万年雪山荘泊)
8/16 3:10万年雪山荘ー4:00九合5勺(胸突山荘)ー4:40富士宮口頂上(浅間大社奥宮)6:10ー6:30剣ヶ峰6:50ー7:10富士宮口頂上8:00ー8:40九合目ー 11:00富士宮口五合目
◆行動時間 計12時間20分 (1日目:4時間30分 2日目:7時間50分)  
 合計距離 9.6km 
 累積標高(上り)1428m 
 最高点の標高 3776m

前年は吉田口から登ったが、今回は全ルート中、最短だが最も傾斜のきつい富士宮ルートで。

五合目を出た時はあいにくの雨模様。そんなに強い雨ではなかったが、風で横からあたってくる感じ。

レッドデータにも載るオンタデなど富士山独特の植生を眺めながら砂利道を登っていく。

道幅の狭い岩場を越して八合目についたあたりから雨が収まり、青空も顔をのぞかせる。

ここから1日目宿泊予定の万年雪山荘のある九合目までは、ガレ場、岩場の連続。しかし、慎重に登れば特に危険な箇所はない。

小屋でカレーを食べ、雲海と日の入りを眺め2時頃まで仮眠。

汗で濡れたアンダーウェアを取り換え、フリースにダウンを着こんだが、それでもまだ少し寒いぐらい。

温度計は7℃をさしていたが、体感温度はもっと低く感じた。

ヘッドランプを装着して3時過ぎに小屋を出たが、御来光狙いの方々で、九合五勺を過ぎてから登山道はかなりの渋滞。

それでも日の出の5時前には山頂に到着し、素晴らしい御来光を楽しむことが出来た。

2日目はずっと好天が続き、駿河湾の眺めも素晴らしい。山仲間との出会いもあった。

最高地点の剣ヶ峰に登頂し、山頂でまたのんびりしていたが、帰りのバスの時間を読み間違えていて、小走りで下山する羽目に。

山ガールに気を取られ、砂利で一度スリップして転倒する。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。