入笠山(2015年1月28日)

【山域】南アルプス前衛
【天候】晴れ
【アクセス】
・富士見パノラマスキー場駐車場
 中央道諏訪南ICから10分弱
・ゴンドラ山麓~山頂 ゴンドラすずらん
冬山登山券往復\1,650→\1,450(インターネットクーポン利用)
【CT】
富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅(10:07)-入笠湿原(10:24)-山彦荘(10:36)-入笠山山頂(11:53)- 御所平登山口(12:49)-富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅(13:29)
【行動時間:3時間22分(小休止含む) 合計距離:5.61km  累積標高(上り):211m】

南アルプス前衛の入笠山で雪山ハイキング。平日みんなが仕事してる中でのお山はゴージャスな気分。朝は雲一つないピーカンだが気温は低く風は冷たい。富士見パノラマリゾートのゴンドラを利用して登山口までアプローチ。ゴンドラはスキー用の他に、雪山登山券という往復チケットが用意されてるのが嬉しい。山頂駅でスノーシューを装着して樹林帯を通り入笠湿原経由で山頂を目指す。



平日のため登山者の数はまばらだったが、トレースはしっかりしている。

雪は踏み固められ硬く締まった状態。青と白のコントラストの美しさ。静寂さの中、雪をさくさくと踏みしめる音が心地よい。耳を澄ますと風の声が聞こえる。そしてしばし立ち止まって霧氷の美しさに目を奪われる。











樹林帯を抜けるとゲレンデのような広さの斜面。女の子たちがシリセードで下りてくる姿が可愛らしい。そこからまた樹林帯に入り、徐々に傾斜がきつくなる。

山頂直下最後の急登は、トレースあるけど、けっこうもふもふ状態。最後までスノーシュー装着で、見かけた登山者もほとんどはスノーシューかワカンだった。しかし、ツボ足でも登れるぐらいの雪の状態だったと思う。







最後を登りきると、360度の展望が広がる入笠山山頂(1955m)に。



山頂に着くころには次第に雲が沸いてきて、目の前の八ヶ岳の山頂部は雲に覆われた感じ。しかし、南・中央・北アルプスまで見渡せる素晴らしい眺望。風が冷たくて、行動を停止するとあっというまに体が冷えてくる。山頂ではコーヒーを飲んでピストンで下山。







下山後は、道の駅信州 蔦木宿つたの湯で体を解凍。天気にも恵まれてとても楽しい山行になりました。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。