森吉山 阿仁ルート(2015年5月3日)

【山域】奥羽山脈北部
【天候】晴れ 
【アクセス】
秋田中央IC(秋田自動車道)⇒五城目八郎潟IC⇒(R285・R105)⇒阿仁スキー場⇒阿仁ゴンドラ山麓駅(阿仁ゴンドラ)⇒阿仁ゴンドラ山頂駅 (計約3時間)
・阿仁ゴンドラ往復1,800円
【CT】
阿仁ゴンドラ山頂駅(10:42)-11:13(石森)-森吉山阿仁避難小屋(11:30)-森吉山山頂(12:23)-阿仁ゴンドラ山頂駅(13:38)
【行動時間計:2時間56分(小休止含む) 合計距離:4.9km  累積標高(上り):303m】

ちょうど山開きにあたる5月3日に森吉山へ。GW期間中は阿仁スキー場が営業していて阿仁ゴンドラが動いてるので、ありがたく利用させてもらう。今年は本当に雪融けが早くて、スキー場もなんとかぎりぎり雪がもっている感じ。






阿仁ゴンドラ山頂駅から、気温が上昇し腐りきってる雪上をツボ足で上がっていく。サングラスをしていないと照り返しで目も開けられないほどの好天。ホーホケキョの大合唱に残雪と新緑が眩しい春山らしさ。風も気持ちいい。






オオシラビソの樹林帯をしばらく歩くと山頂が顔を出す。登山者だけではなく、BCスキーヤーの姿も目についた。








石森から阿仁避難小屋を経て森吉山山頂(1,454m)へ。山頂部は冠雪なし、残雪を歩いてきて山頂は夏山といった感じ。山頂に着いた頃には少し霞がかってきたが、八幡平~秋田駒、遠く鳥海山まで360度の眺望は素晴らしい。山開きの日とあって、山頂は多くの登山者で賑わっていた。













山頂でしばし眺望を楽しんだ後、ピストンで下山。花の100名山でもある山だけに、次はお花の時期にぜひ一度訪れてみたい。




サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!