男体山 日光二荒山神社ルート (2014年6月14日)

【山域】日光連山
【天候】晴れ時々雨
【アクセス】
自宅⇒(東北道)⇒宇都宮IC(日光宇都宮道路)清滝IC⇒日光二荒山神社中宮祠駐車場
・二荒山神社第1駐車場は満車、第2駐車場もほぼ満車だったがわずかに駐車スペースあった。
【CT】
9:10二荒山神社中宮祠-9:40三合目-10:00四合目-10:20五合目避難小屋-11:30八合目避難小屋-12:00九合目-12:20二荒山神社奥宮-12:30男体山山頂-(ピストン)-15:10二荒山神社中宮祠
【行動時間 6時間 合計距離:8.2km 累積標高(上り):1197m 最高点の標高:2486m】

円錐形の山体が美しい。

登山届を二荒山神社中宮祠で記帳して、登拝料として500円を納めお守りを受ける。

さりげなく巫女さんをチェックしながら、山バッジもここで購入。

神社の奥から鳥居をくぐり登山道に入ったら、三合目までひたすら直登。最初からけっこうな急斜だ。

いったん工事用の舗装道路に出て、四合目までは息を整えられるが、四合目からはまた本格的な登りとなる。

六合目から八合目までは岩場が続き慎重に登るが、特に危険な箇所はなし。

次第に雲が沸いてきて雨が降り出してきたところで八合目の避難小屋到着。

かなり雨足が強くなってきたのでレインウェアとザックカバーをここで装着。

そして準備が整い歩き出したら、あっという間に晴れあがってしまい、またレインウェアを脱いでTシャツ姿に戻る。そこから山頂までは富士山を思わせるザレ場。

山上部に到着すると、二荒山大神の像と二荒山神社奥宮が迎えてくれる。

少し歩けば一等三角点のある山頂と男体山のシンボルとも言える神剣。

一昨年、腐食と落雷で折れた大剣はピカピカになって復活。

草薙の剣の御霊分けがされ、魂が込められているということなので、とりあえず抜いてみようとしたり抱きついてみたりしましたすみません。

ガスがあがってくると、中禅寺湖と戦場ヶ原、日光連山の眺めが素晴らしい。

二荒山神社中宮祠へピストンで下る。梅雨時期、晴れ予報の週末だけあって登山者は多かった。

下りでは途中の岩場で渋滞も。山ガールに気を取られて岩の上を滑り落ちながらも無事に下山。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。