谷沢川~常布ノ滝 (2016年2月7日)

【山域】 草津・志賀
【天候】 晴れ
【メンバー】 3名
【アクセス】 自宅→(関越道)渋川伊香保IC→草津国際スキー場駐車場
【CT】草津国際スキー場(09:10)-谷沢川 氷のオブジェ(09:40)-常布の滝 展望ポイント(10:20)-蟻の塔渡り(10:40)-草津国際スキー場(11:35)
◆行動時間計2時間25分 
 合計距離5.0km 
 累積標高(上り)161m 
 最高点の標高1423m

草津国際スキー場から天狗山ネイチャーセンターを通り、谷沢川沿いにスノーシューハイク。

30分ほど歩くと、谷沢川がつくり出す青色の氷のオブジェの美しさにしばし足が止まる。

青空の見える空にチラチラと雪が舞う。人の姿は他にない。

雪は締まり気味だけど、スノーシューを履いて歩いてるだけで楽しいものだ。

谷沢川が浸食した深い崖を越えて日本の滝百選の一つである常布の滝を遠望。






復路は蟻の塔渡り経由で下る。蟻の塔渡りという名前がついてるぐらいだから、いやらしく切り立ったナイフリッジを期待したけど、すんなんりと通過出来てちょっと拍子抜け。

こちらのルートは往路ほど人が入ってない様子でもふもふ歩き楽しい。

ミズナラの大木を抜けて車道に出てスキー場まで戻った。


サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。