天覧山岩場 (2016年6月28日)

【山域】 奥武蔵
【天候】 晴れ
【メンバー】 山岳会(登山教室)16名
【アクセス】 自宅→(R16)→飯能駅前タイムズ駐車場
【CT】飯能駅(09:09)-飯能中央公園(09:30-09:37)-天覧山中段(09:55-13:02)-天覧山岩場(13:04-16:00)-天覧山山頂(16:00-16:10)-飯能駅(16:38)

所属山岳会の今期岩教室初回は、2年ぶりの天覧山岩場。皆さん、半年間よろしくお願いいたします。

飯能駅前に集合して天覧山まで歩く。駅前のバス停には飯能アルプス予定の登山者だろうか、けっこうな行列が出来ており山ガールも多数で朝からテンション上がる。

途中、麓の能仁寺に立ち寄って安全祈願。天覧山岩場は能仁寺の私有地内となっており、ゲレンデ利用には事前の申込が必要。

東屋のある天覧山中段広場で装備を整え、午前中は広場の木立を利用してロープを張ってロープワークの講習。

基本的な結びとして、エイトノット、クローブヒッチ、プルージック、ブリッジプルージック、クレムヘイストの順に。

最後は支点掛け替えながらのコンテニュアスの練習。コンテの中間結びはバタフライノットと教わったけど、僕が基本としている、エイトノットでヘソ出ししてカラビナとの連結はスリップノットでもいいことを確認。

クライミング全く初めての方はいっぱいいっぱいの様子。結びの手順のやり方は人それぞれで、講師によっても教え方が違う。

要は最終的に同じ形になってればいいわけで、自分が一番やりやすい覚え方を確立して、家で反復あるのみ。

昼食をはさんで午後は、一般登山道を外れた斜面を少し下ったところにある岩場へ移動。

先行パーティーが1組ロープを張っていたが、その少し上部の岩場にトップロープを2本セットして、登攀とビレイの基本を確認しながら順番に練習。

もっと足をうまく使えるようになりたい。理屈では分かってるつもりでも、いざ取り付くと相変わらず全くダメで悲しくなる。

最後は天覧山山頂に寄って眺望を楽しむ。

梅雨の合間、天気も一日もってくれて、やっぱり外岩は楽しい。今年も安全第一でやっていきたい。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!