四阿山~根子岳 (2016年7月3日)

【山域】菅平周辺
【天候】 曇り時折小雨
【メンバー】 2名
【アクセス】
・自宅→(圏央道)→鶴ヶ島JCT(関越道)→藤岡JCT(上信越道)→横川SA(車中泊)→上田菅平IC→(R144)→菅平牧場駐車場
・菅平牧場駐車場:駐車料金200円、駐車可能台数約50台
【CT】菅平牧場登山口(06:50)-中四阿道登山口(06:56)-小四阿(08:14)-中四阿(08:52-08:59)-四阿山・根子岳分岐(09:29)-四阿山山頂(09:45-10:01)-四阿山・根子岳分岐(10:18)-大スキマ(10:47)-根子岳山頂(11:20-11:29)-東屋(12:42)-菅平牧場登山口(12:57)
◆行動時間 計6時間07分  
 合計距離 10.5km 
 累積標高(上り)915m 
 最高点の標高 2354m

横川SA車中泊で早朝、登山口のある菅平牧場駐車場へ。

早朝から牧場の番人が立っており駐車料金200円しっかり徴収された。

梅雨前線が停滞してるので好天は望んでいなかったが、なんとか曇り空のまま持ってくれたらいいなという思いで出発。

四阿山(あずまやさん)は吾妻山(あづまやま)ともいい、どこから見ても山の形が屋根の棟に似ているのでこの名がつけられたとか。

100名山にしては知名度今一つといった山で、僕も今回初めて登った。

牛を眺めながら下山したらステーキ食いたい気分盛り上がり登山口へ。樹林帯を歩き大明神沢を渡渉。




ダケカンバの林を進み小四阿まで登る。次第に小雨が降ってきてレインウェアを着る。しばらく歩くと雨が上がって暑くなってきたので脱いだり忙しい。

中四阿の尾根からいったん下って登り返す。頂上手前の根子岳との分岐は休憩する登山者で賑わっていた。

木道の階段を登って四阿山山頂へ。

四阿山山頂では大学の山岳部だろうか、若い男女の集団が楽しそうで羨ましい。出来れば僕も女の子とキャピキャピしたい。

四阿山、根子岳分岐から鞍部の大スキマまで大きく下り、根子岳に向けて少し登り返す。

大きな岩を巻くようにして進み根子岳山頂へ。残念ながらガスガスで眺望は全くなし。

レインウェアを着たり脱いだり。

菅平牧場へ向けて、気持ちの良いダケカンバの林の中など、まっすぐに緩やかな尾根を下る。

下山後、菅平牧場の売店でアイスクリームを食べて山バッジを獲得。

眺望は残念だったけど、いろんなお花の姿を楽しむことが出来た。

花のことはほとんど分からないけど、あとで確認して分かったのは、アヤメ、ハクサンフウロ、ベニバナイチヤクソウ、ハクサンチドリ、コイワカガミ、ショウマなどなど。

ツツジの姿もまだ見られた。梅雨時期のしっとりとしたお花の姿も、また美しいものだ。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。