「銀嶺の人」新田 次郎(著)


気が強く明るく負けず嫌いの淑子と、無口で淑やかだけど心の芯の強い美佐子。

どちらもかなりの美人らしいし、僕ならどっちにしようかなとか感情移入しながら読んでたけど、残念ながらどちらも僕がお相手してもえるようなレベルじゃない。

本著のモデルは、女性として世界初のヨーロッパアルプス3大北壁登頂を成し遂げた今井通子さんと、彼女と共にマッターホルン北壁を女性だけのパーティで初登頂した若山美子さん。

あくまでも2人がモデルというだけで、小説の中の細い話はあくまでも小説と理解してるけど、2人とも仕事もスペシャリストでありながら、山に徹底的にのめり込み取り組んでいく姿、ただただ圧倒されるばかり。

カモシカスポーツ社長の高橋和之さんなど、実在の山屋さんがモデルとなって登場するだけに面白い。

日本のクライミング黎明期、先達たちはこんな練習方法で苦労しながら登攀技術を磨いていたんだなと、想像をめぐらせるだけで楽しいし、ホンチャンでの登攀の描写は、こんな生死ギリギリの怖い思いしてまでも登らないといけないものなのか、いや僕には絶対無理、読んでるだけで高度感ダメ、もう僕落ちそう、ごめんなさい僕はやりません許してください。

ラストはあまりにも衝撃的で水晶が雷で光る様子をしばらく想像してみてページをめくる手が止まった。

新田次郎は三部作を以て、なぜ山に登るかという問題についての答えにしたいと後書きに書いている。









◆山の本に関する記事一覧

「銀嶺の人」新田 次郎(著)
「雪のチングルマ」 新田次郎(著)
『青春を山に賭けて』植村 直己(著)
『アウトドア・クライミング』井上 大助(著)
『凍』 沢木耕太郎(著)
『神々の山嶺』 夢枕 獏(著)
『最新クライミング技術』 菊地 敏之(著)
『アルパインクライミング (ヤマケイ・テクニカルブック―登山技術全書)』 保科 雅則 (著)
『平山ユージ DVDでクライミング』平山ユージ(著)
『フリークライミング (ヤマケイ・テクニカルブック 登山技術全書)』
『山怪 山人が語る不思議な話』田中康弘(著)
『山登りABC 地図読み はじめの一歩』 平塚 晶人(著)
『雪山登山 (ヤマケイ・テクニカルブック―登山技術全書)』
『高みへ 大人の山岳部 登山とクライミングの知識と実践』 笹倉孝昭(著)
『定本 黒部の山賊 アルプスの怪』 伊藤正一(著)

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。