モンベル チェーンスパイク

モンベルのチェーンスパイクを購入。
 
アイスのちょっとしたアプローチで、アイス用の縦爪アイゼン使うのはもったいなくて。
 
平爪のアイゼンをアプローチのためだけに持っていく選択肢はないし、昔買った6本爪の軽アイゼンも持っているけど、着脱がめんどくさくてこれも持って行く気になれない。
 
前から冬山のアプローチにチェーンスパイク使ってる人を多く見て、気にはなっていたんだけど。
 
しかし昨年、赤城山でチェーンスパイク全く効かずに雪の上をズルズル滑落してる人見て、こりゃダメだと思ってしまった。
 
しかし調べてみると、チェーンスパイクは爪が短いため、大雪の上ではたしかに効力が発揮できないらしい。
 
一方、凍結した沢や岩が凍っている状態では爪が長いアイゼンよりも使いやすいとか。
 
モンベルの店員さんと話したら、チェーンスパイクは韓国メーカーのOEMということ。
 
韓国はほとんど雪が降らないので、雪上というよりは凍結した道の上を歩くことを前提として開発されたものだということで、これで納得がいった。長所・短所をきちんと理解して使えばいいのだ。
 
長所ということでいえば、なによりチェーンスパイクはゴムで着脱が一発で出来てストレスがない。ローカット含めどんな靴にも装着できるし、軽アイゼンよりも軽くて持ち運びが容易。
 
劣化するとゴムが突然切れるんじゃないかという心配も正直あるけれど、しっかりシーンを見極めて使えばいい。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。