「2016年の冒険的登山の成果」について

 
大西良治の北アルプス称名川完全遡行。
 
カイジの鉄骨渡りと全く同じ行為に思える。
 
というのは同じ人間とは到底思えない。
 
しかしその佐藤祐介さえ、 途中怖くなって30秒動きが止まったという。
 
冒険的登山という範疇さえ超えているような。
 
僕にはどれぐらい凄いことなのか理解すらできない。
 
どちらもあまりにトップレベルすぎる登山で到底真似などできるこ とではないし、怖くてしたくもない。
 
しかし、彼らが山に求めているものは明確だ。僕は山に何を求めているんだろうかと逆に考えさせられる。
 
お二方とも那智の滝にロープをかけた男として社会的に有名になってしまったが、アルパインクライマーとしてはまさにトップレベル。
 
誰も登ってないから登りたくなるという欲求を実現するには、当然それに見合った技量が必要なわけで、そういう意味ではその技量を持ち得た選ばれた人たちなのだと思ってる。
 
僕には目指そうと思っても目指せる世界では当然ない。
 
人それぞれの山でいいのだと思ってるけど、じゃあ自分はヘナチョコなりに何を求めて山をやってるんだと問われると、正直上手く答えられない。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。