岩根アイスツリー

【日程】 2017年1月14日(曇り)
【山域】 奥秩父
【山名】 岩根アイスツリー
【形態】 アイスクライミング
【メンバー】 山岳会12名(K出リーダー例会)
【アクセス】 自宅→八王子駅(特急スーパーあずさ5号)→小淵沢駅(JR小海線)→信濃川上駅(岩根山荘送迎バス)→岩根山荘
【CT】岩根山荘(11:10)-岩根アイスツリー(11:50-15:30)
 
会のアイス例会で岩根アイスツリーデビュー。
 
車をやめて電車アクセスにした。
 
みどりの窓口でする。
 
みどりの窓口の女の子が可愛かったので形勢逆転。
 
小渕沢駅で歴史ある駅そば、 丸政の山賊そばをはふはふして小海線乗り換え。
 
 
アイスの道具談義など。
 
 
川上駅からは送迎バスで岩根山荘まで。11時過ぎに到着、 すでにツリーにはトップロープがびっしり。
 
僕は今日日帰りなので2500円。
 
 
装備を整えゲレンデに集合。 特に登り始めはロープを張り気味にする等ビレイに関する注意事項が伝達される。
 
そのあとアイスクライミングの基本確認。
 
・アックスは肩幅の範囲内に基本打ち込む
・支持アックスを中心に両足を二等辺三角形
・踵は平行か下げ気味
・アックスは氷の凹みを狙ってなど。
 
先発隊がすでにセットしてくれていたトップロープ2本で順次登攀を始める。
 
 
バーチカル1本目TOするも、上部はなかなか楽にはいかず早くも腕を消耗。
 
次いで右側のトップロープを登るけど、こちらの方が難しくすでにお腹いっぱいな感じ。
 
意識しながら7本を登った。
 
とても有意義な練習になった。
 
 
ので、キリのいいところで撤収。
 
最後はツリーのトップに上がって支点構築方法の確認。
 
支点の作り方はパーティによってそれぞれ微妙に違う感じだった。
 
 
名残惜しいけど、泊まりの仲間たちと別れてバスに乗り込む。
 
とても楽しい一日だった。皆さんありがとうございました。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。