二子山西岳中央稜

【日程】 2017年6月9日(金)
【天候】 晴れ
【山域】 北秩父
【形態】 マルチピッチクライミング
【アクセス】 新宿駅集合→(関越道)→花園IC→(R140・県道37)→倉尾登山口駐車場
【CT】 倉尾登山口(11:20)-股峠(11:25)-祠エリア(11:30)-中央稜取付(11:45-12:30)-3P終了点大テラス(15:20)-7P終了点(17:20)-上級者コース分岐(17:50)-倉尾登山口(18:15)
 
一度登ってみたかったマルチピッチの入門ルート、二子山中央稜へ。
 
全7P、最高グレードは3Pの核心ムーブで5.9らしいけど、あとはホールド豊富な石灰岩で僕でもなんとかなるだろうか。今回は永野さんにお世話になった。
 
新宿駅前に集合して車で倉尾登山口の駐車場へ。アプローチは登山口から進み股峠を坂本方面へ。
 
 
ローソク岩への道標に沿って斜面を上がり、祠エリアを通過して、ローソク岩方面の一般道と中央稜取付方面の踏跡の分岐を右側へ。
 
 
赤いドラム缶が取付地点の目印。
 
 
同じくYFクラブの阿部さんパーティが先に取付いて順番待ち。システムとコールの確認。支点についてはボルトがしっかりしているので基本流動分散で大丈夫とのこと。
 
 
ピッチごとに永野さんが先に登ってナチュプロが必要なところがあったら設置してもらい、そのあと僕とパートナーがつるべで登ることに。僕は偶数ピッチのリードを担当。

1P Ⅳ+(フォロー)
20mの階段状フェースを登り、その上のフレーク岩に沿って右上がこのピッチの核心。フレーク岩の先のピナクルテラスに終了点。久し振りの外岩マルチはやはり緊張する。フレーク岩の登りは段差があって、高度感ありちょっと怖い。石灰岩でガバはあるから、落ち着いて登った。
 
 
2P Ⅴ-(リード)
2P目は、凹角の左のカンテを登り、凹角の下のバンドまで約30m。右の凹角に移って終了点に到着。そんなに難しくはなかったが、リードの程よい緊張感を感じながら慎重に登る。終了点はペツルのしっかりしたハンガー2個で安心。落ち着いて支点構築しフォローを引き上げる。
 
 
 
3P  (5.8)(フォロー)
二子山中央稜全6ピッチ中の核心ピッチ。広いコーナーに逆Y字状にクラックが走っている。クラックをレイバック気味に上がり、ビッグロックで練習したジャミングの動きを思い出して、右壁のスタンスを使い時間をかけてなんとか登る。
2本のクラックが1本になる部分から数mがこのピッチの核心で、核心ムーブはグレード5.9。ペツルのボルトがごく短い間隔で2本連続して打ってある。
 
ホールドは、数手上にガバがあるらしいが、そこまでは右手に一か所カチがあるだけで、頼りないカチを持って左手をジャミングしてなんとか上がるしかないのだろうが、どうやっても登れそうになく、結局ボルトに乗っかりヌンチャク掴んでA0で乗り切る。終了点は大テラスの上の立木。
 
 
4P Ⅳ+(リード)
階段状の岩場を直登し、小ハングを越えて広い草付テラスまで。その上の垂壁に終了点。背後には奥秩父の絶景。特に難しい箇所はなく快適なピッチとなった。
 
5P Ⅴ-(フォロー) 
4P終了までかなり時間がかかってしまい、また遠くから時折雷鳴が聞こえて雲行きが怪しくなってきたことから、トポの5Pと6Pをピッチを切らずに登ることにした。約50mらしく60mロープなら足りる。10m程の垂壁を登りリッジ右のコーナーからリッジに上がるまでが前半。
後半は緩いスラブからリッジ左の階段状のコーナー沿いを登ってピナクル下のテラスまで。このピッチも特段難しくは感じられなかったが、浮石が多く、終了点の足元の石が動きそうで要注意。
 
 
6P Ⅱ(コンテ)
草付まじりの階段状の岩場歩き。念のためコンテにするが全く問題なし。これで中央稜全ピッチ終了。
 
 
今回はシングルロープを使って、ヌンチャク繋げたりスリング伸ばしたり色々工夫したけど、それでもロープの流れが悪くなって重く感じたところがあった。やっぱり基本はダブルのルートだろう。
 
西岳の山頂標を拝みたかったけれど、すでに17時を回っていたためそそくさと上級登山コースを懸垂下降しながら降る。登山口に到着したのは18時過ぎ。
 
 
程良い緊張感とアルパイン気分を楽しみながら、充実の一日となった。もっと登攀力を上げて全ピッチ安定してリードできるようになりたいものだ。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!