駿府城

7月30日(日)、上島キャンプ場の帰りに駿府城公園へ立ち寄る。静岡駅前を歩くのは初めてだ。
 
駿府と言えば今川の本拠地で、徳川家康が人質として19歳までの12年間を生活した場所。
 
その後、駿府が今川から武田の手に渡りさらに徳川家康のものになったが、家康は関ヶ原の戦い後、関東に国替えされてしまった。
 
駿府城は天下人となった徳川家康が大御所となって隠居した際に使われた城であり、3たび駿府に戻ってきた家康は、よほどこの地に縁があるのか思いが強いのか。
 
巽櫓は、駿府城二の丸の東南に設けられた2重3階の隅櫓。
 

100名城スタンプは城の主要な出入り口であった東御門入口に設置されている。
 

二ノ丸水路の石垣の一部は徳川家康が天下普請で駿府城を築いた当時のものということ。なかなか見ごたえある。
 

ちょうど天守台跡の発掘調査中だった。江戸城の天守より大きかったというから、大御所様の威光が分かる。
 
発掘調査の結果を待って、天守再建計画もあるみたいだから、こちらも楽しみ。大御所様の銅像は今の世をどう見ているだろうか。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。