「蜜蜂と遠雷」 恩田陸(著)

 
偶然だろうが、本屋大賞は2年連続ピアノに関する物語となった。
 
メロディオンもまともに吹けなかった僕だが、天才たちのピアノコンクールの演奏を文字でぐいぐい聴かされて、気が付いたらもうエンディングといった感じ。
 
最初は二段組でかなり厚い本なので尻込みしたが、読み出すとあっという間だった。

音楽の神様から才能を与えられた彼らが、ピアノコンクールを舞台にして、お互いの出会いにより覚醒していく青春小説。
 
文章だけでこれだけ音と音楽の素晴らしさを表現できるものなんだな。クラシック音楽という世界の難しさと厳しさの一端も知ることが出来た。
 
クラシック音楽だって初演されたときはクラシックじゃなくて最新のポップスだったろうに、今ではいろんな決まり事やタブーやらもあって大変そう。
 
作曲家が当時意図した演奏をすることとオリジナリティの問題とかも。
 
家の中でピアノをやれる環境で育つということだけで、ある意味限られた人間。コンサート・ピアニストとは、そんな中でもほんの一握りの才能を持った者たちだけに許された世界。
 
彼らが小説の中で弾いた曲を実際に聴いてみたくなるのは、僕だけではないだろう。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。