小坂志川ウルシガ谷沢

【日程】 2017年11月19日(日)
【天候】 晴れ
【山域】 奥多摩
【形態】 沢登り
【メンバー】 12名 (山岳会/沢教室)
09:00)-<タクシー>-小坂志林道ゲート前(09:30)
15:50)
 
今年最後を迎えた会の沢教室で、南秋川水系小坂志川ウルシガ谷沢へ。

めっきり寒くなってもうすぐアイスのシーズンも始まるというのに、沢なんか入って凍え死ぬんじゃないだろうかと、行く前は正直テンション低かった。

武蔵五日市駅前で待ち合わせして、タクシーに分乗。笹平バス停手前を左に折れて小坂志林道に入り、ゴミ捨禁止の看板とテープがかかっているゲート前まで。
 

ここで地元の人から、猟期に入ったから注意するようにと注意喚起。クマと間違われて撃たれないようにしないと。

テクテクと林道を歩き始め、40分ほどでウルシガヤ谷沢出合ゲートへぶつかるので、ここを左に進む。
 

その後、ウルシガ谷沢沿いに延びる道を少し進んで、沢に降りて対岸へ渡渉し装備を整えて入渓。不要な荷物は入渓点にデポした。
 
 
小滝が連続する小ゴルジュ帯を進んでいく。
 

ゴルジュ帯を過ぎ大岩の小滝。
 
 
11:15頃、沢は二俣に。右俣出合い12m滝を右手に見ながら左俣を遡行。
 
 
右俣を遡行して左俣を下降というパターンが一般的なようだが、この日は人数も多く時間的に余裕がありそうな左俣を遡行。

水量の少ない沢で、この季節ほとんど濡れることないのは助かる。沢に入ると、次第にテンシュン上がってきてやはり楽しくなってくる。
 

11:20頃、6m滝。難しいところではないが、リーダーが左側から登ってロープを固定。フリクションノットで順次登攀。しかし、ここを抜けるのに30分かかる。
 

12:00頃、続く3m滝はロープ出さず左側から上がる。ここは問題なし。
 

すぐ続いて5m滝は釜の左側から。僕は寒い寒いと言いながらテンション完全に上がって、釜に腰近くまで浸かり正面突破。
 

12:20頃、最後の10m滝。リーダーがロープ出す。滑りやすい箇所もあり慎重に、水流ぎわきちんと見ればホールドは十分にある。
 

青空に紅葉が美しい晩秋の奥多摩。

登山道まで上がらず、ここで遡行終了。僕は寒くて少しガタガタ震えてた。
 

懸垂下降2回交えながら、同じく左俣を下降する。
 

入渓点に戻りデポしていた服に着替えて、笹平のバス停まで。
 


水量の少ない沢でそんなには濡れなかったが、やはり寒い。しかし楽しかった、やっぱり沢はいいな。皆さんお疲れ様でした。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。