アイススクリュー

 
アイスクライミングを始めて最初はトップロープで登ってるだけだから中間支点考える必要はないけど、リードを覚えアルパインでルートをやるようになると、当然、氷に中間支点設置するための道具が必要になってくる。

昔はとっても大変だったと聞くが、今は道具の進化の恩恵にあずかり、グリグリと楽に氷にねじこんでいけるアイススクリューを使える。
 
その中でも多くの人が使っていてメジャーなのは、ブラックダイヤモンドのエクスプレスとペツルのレーザースピード。
 
長さと本数については悩ましいところだが、僕は次の組み合わせでとりあえず6本揃えた。
 
ペツル レーザースピード 17cm×2本(支点構築用)
BD エクスプレス 16cm×1本
BD エクスプレス 13cm×3本
 
パートナーの分と合わせれば、今のところ予定してるルートでは、足りなくなるようなことはないはず。そのうちこっそり買い足したいが。

ブラックダイヤモンドのエクスプレスといえば、値段も手頃など定番。
 
しかし、ペツルからレーザースピードが出てから、こっちのほうが簡単に刺さってすごいと言う人がどうも多い感じ(そのぶん値段も張る)。

レーザースピードのほうがグリグリと早く氷を噛んでくれるというのはデナリでも言われたのでまあそうなのかも。
 
今シーズンはアイスの予定をかなり入れ込んであるし、アイススクリューに投資もしてしまったので、もっと上手くなれるよう頑張りたい。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!