八ヶ岳・裏同心ルンゼ

【日程】 2017年12月16日(土)-17日(日)
【天候】 曇り
【山域】 八ヶ岳
【形態】 アルパインアイスクライミング
【メンバー】 6名 (山岳会/例会 CL)
【アクセス】 自宅(06:40)-八王子駅(07:29)-<スーパーあずさ1号>-茅野駅(09:08-09:30)-<アルピコ交通バス>-美濃戸口(10:08)
【CT】
12/16 美濃戸口(10:20)-美濃戸山荘(11:20)-堰堤広場(12:10)-赤岳鉱泉(13:10-14:00)-ジョウゴ沢F1(14:20-16:00)-赤岳鉱泉(16:20)泊
12/17 赤岳鉱泉(07:00)-大同心沢分岐(07:05)-F1(07:30)-F2(08:30)-F5(09:40)-大同心基部(11:30)-大同心沢分岐(12:25)-赤岳鉱泉(12:30-13:30)-堰堤広場(14:00)-美濃戸口(15:30)
 
会の例会で八ヶ岳・裏同心ルンゼへ。ジョウゴ沢に引続いて、2週続けてのバリエーション例会リーダー。
 
ミュータント38初陣いざ裏同心ルンゼへ。しかしパッキングが相変わらず下手くそで泣きたい。
 

 
今回は、特急あずさとバスを乗り継ぎ美濃戸口へ。美濃戸口は先週に比べて雪が溶けている。
 
 
T-Wallでご一緒したことのある女性から声をかけられる。アイスキャンディーをやりに来たらしい。すっかりご無沙汰で申し訳ない。

美濃戸山荘前、そして堰堤広場で少し休憩しながら、赤岳鉱泉へ向かう。
 
 
北沢一部完全に凍結した登山道。
 
 
曇り空の向こうに大同心。
 
 
さすがに2週続けての赤岳鉱泉への歩きとなると、ロープウェイがあるといいのになどと考えてしまう。

赤岳鉱泉で受付を済ませて、さっそく練習のためアイスキャンディーを申し込もうとしたが、なんと本日満員御礼のためこれ以上ロープ張れないということ。
 
天気予報も今一つなのに、宿泊150名もいるらしい。
 


検討の結果、アプローチの短いジョウゴ沢F1に向かってみることに。空いてればトップロープ張って2時間ぐらいやれそうだし、混んでても下部でスクリューの打ち込み練習ぐらい出来るだろうということで。
 


そして行ってみたらラッキーなことに誰もいなかった。トップロープを2本セット。
 
今年初アイスの仲間もいい動き。僕は明日に備えてスクリュー打ち込みながら疑似リード。
 
途中なんかスクリュー入らないなと思ってたら、スクリューの中の氷を取り除いておくこと忘れて凍っていた。気を付けないと。
 
 
 
今晩降雪もありそうだし、裏同心ルンゼはけっこうもう埋まってるという情報なので、明日はアイスキャンディーでいいんじゃないかとか酒飲んでればいいんじゃないかとか退廃したムードも漂ってきたが、せっかく来たんだからとりあえず行ってみようということに。

翌朝、朝ご飯を食べて7時に出陣。曇り空だが、思った程よりは寒くない。6名を3名ずつ2班編成にしてザイルは50mのシングルを2本準備。
 


ジョウゴ沢分岐の一つ手前が裏同心沢分岐。ロープをまたぐと、そこはもうバリエーションの世界。前夜の降雪のためトレースなく、いきなりラッセル隊長。
 
 
 
僕が1班のトップで先陣を切りリード。スクリュー2本打ち込み登攀し木立にスリングをタイオフ、後続2人をビレイ。
 
 
後続はセカンドが中間者結びで登った後、ラストが登るというシステムに。大隊長と大先輩2人が後ろについてくださってるので心強い。2班は先輩幹事のOsさんがリードしてくださる。

F2(3段40m)下2段は、かなり雪に埋もれており全員フリーで越える。
 
 
3段目はザイルを出してここも僕がリード。支点は木立で取れた。
 
 
 
 
落ち着いていったん少しクライムダウンし、右にラインを取り直した。てこずったがスクリュー4本打ち込んで突破。
 
人工支点が落口より8mくらい先に進んだ左の岩にあったようだが、余裕なく見つけられず、さらに少し進んだ氷結した斜面にスクリュー打ち込み支点構築。
 
先に右側を進んでいたパーティがここで支点を取っていたので、僕もスクリュー打ち込む判断できて良かった。しかし、このスクリュー抜けたらどうなるんだろうと涙目で後続をビレイ。

セカンドが上がってきてそのままノーザイルで登ってもらい、ラストの大隊長が上がってきたところでビレイ解除し、ザイルを流しながらアンザイレンのまま進む。
 
 
ガリーを右上、凍った草付きとガレがいやらしい。さらに正面の壁まで直上し大同心基部へと向かうルートもあるようだ。
 
疲れも出てきて寒くて手先が痛くなってきてオシッコもしたくて辛いけど、最後のひと踏ん張り。
 
 
ようやく大同心基部へと出る。思わず雄叫び。6名全員完登。
 
 
急斜の大同心稜をストックを使いながら下山。
 
 
赤岳鉱泉で装備解除、味噌ラーメンはふはふしてから美濃戸口へ下山。
 
 
恒例J&Nで乾杯。僕はソフトクリームれろれろ。
 
アイスのアルパインルートで全ピッチリードできたことは、とてもいい経験になった。仲間たちの力あってのこと。皆さん、ありがとうございました。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。