西天狗岳

【日程】 2017年12月23日(土)
【天候】 晴れ
【山域】 八ヶ岳
【形態】 雪山登山
【メンバー】 2名 (個人山行)
中央道>-諏訪南IC-天狗岳登山口駐車場(08:50)
15:20)
 
数年振りとなる初冬の天狗岳へ。
 
唐沢鉱泉すぐ手前の天狗岳登山口駐車場は、路肩含めてかなりの車の数。さすがに人気の冬山だ。唐沢鉱泉前から、しゃくなげ橋を渡り出発。
 
 
なかなか急登でひたすら樹林帯を登る。
 
 
唐沢鉱泉分岐で小休止して体温調節。体が温まり暑いぐらい。その後も黙々と樹林帯を登る。
 
 
第一展望台で一気に展望が開け、八ヶ岳主稜線の素晴らしい眺めに思わず声を上げる。
 
 
そこからまた樹林帯に入り、再び展望の開ける第二展望台へ。
 
 
第二展望台からはいったん下って、西天狗岳直下のコルでアイゼン装着しピッケルに持ち替える。
 
西天狗岳山頂への最後の登りは、大きな岩がゴロゴロしたゴーロ地帯。そんなに風が強くなくて助かった。
 
 
広々とした山頂部からは素晴らしい眺望。
 
赤岳と阿弥陀岳が威風堂々。
 
 
すぐ隣には東天狗岳。
 
 
山頂では初めてピッケルを手にしたような若い人たちのパーティが、大騒ぎで喜びを分かち合っていて、こっちまで嬉しくなる。
 
 
しばらく山頂での眺望を楽しんだ後、周回はせずピストンで唐沢鉱泉へ戻る。
 
下山して、唐沢鉱泉の湯で冷えた体を解凍。ここのところアイスクライミング続きだったので、初冬の雪山登山を満喫できた。
 
この日は蓼科の保養所に一泊して、のんびりと疲れを癒す。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。