白樺高原国際スキー場

【日程】 2017年12月24日(日)
【天候】 曇り
【山域】 蓼科
【形態】 ゲレンデスキー
【メンバー】 2名 (個人山行)
【アクセス】 蓼科保養所前泊
【CT】 白樺高原国際スキー場着(10:10)-スキー(10:30-11:30)-昼休憩(11:30-12:00)-スキー(12:00-13:30)-白樺高原国際スキー場発(13:50)
 
天狗岳の翌日、蓼科の保養所に一泊して白樺高原国際スキー場へ。
 
ここのスキー場はスキーヤーオンリーなので、落ち着いて滑ることが出来る。
 
スキーヤーオンリーといえば、近くにブランシュもあるが、こっちのほうはレベルが僕には少し高め。スキーはゆるゆると滑りたい。
 
スキーの時のグローブは、ノースフェイスのマウンテングローブ。
 
天気は曇り空。第一クワッドリフトで上がり、一本ラビットコースで足慣らし。その後は、第二ペアリフトでゲレンデトップまで上がって下まで滑る。すぐ近くには蓼科山。
 
 
昼休憩を挟んだ後、ゴンドラリフトで上まで上がって何本か。お昼の時間帯は、スキースクールの団体たちが休憩に入るため、ゲレンデが空いて滑りやすくなる。
 
 
次第に青空が出てきて、ゲレンデトップからは真っ白な北アルプスの眺めが神々しい。
 
 
13:30頃切り上げて、原村近くに新しくできたサンロクカフェに立ち寄る。ここからは、八ヶ岳連峰の眺めが素晴らしく、美味しいピザと自家製ベーコンステーキを頂いた。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。