岩根アイスツリー

【日程】 2017年12月27日(水)
【天候】 晴れ
【山域】 奥秩父
【形態】 アイスクライミング
【アクセス】 新宿集合(07:00-07:20)-<中央道>-長坂IC-岩根山荘着(10:20)
【CT】 岩根山荘(10:20-10:40)-岩根アイスツリー(10:40-12:30)-昼休憩(12:30-13:10)-岩根アイスツリー(13:20-15:40)-岩根山荘発(16:10)
 
岡村ガイドのアイスクライミングリード講習初回。当初は春日渓谷の予定だったが、車でのアプローチにやや不安ありということで岩根アイスツリーへ転進。
 
岩根山荘のアイスツリーは2回目だが、人工氷瀑の目の前まで車でアプローチできて、山荘のトイレ・食堂も使える快適な人工アイスクライミングゲレンデ。
 
日本のアイスクライミングのオーソリティで「新版アイスクライミング」の著者、廣川さんともご一緒させていただいた。
 
 
利用者登録を済ませて簡単なレクチャー後、アイスクライミング。バーチカルは半分ぐらいしか登れずパンプで落ち込む。
 
 
昼休憩は山荘の食堂でぬくぬくカップラーメンが美味しい。
 
午後は簡単な机上講習後、リード組は3名順番に擬似リードで登りながら指導を受ける。
 
 
この日は寒波の影響で、一日ものすごい寒さ。登る時もダウン手放せない。
 
裏同心ルンゼで岩を叩いてしまったペツルのクォークは先を少し研いできたが、問題ない刺さりで安心した。
 
以下、備忘録。
 
アックスが抜ける方向に力を入れることがないように。
 
踵は平行かやや上げる。踵が下がると抜けやすい。
 
・両足を広げすぎない。
 
がら右左へ2回で決める。
 
・バーチカルでは振りの動きを上手く使う。
 
・スクリューは最後まで入れる。氷がデコボコで入りきらない場合は、ピックかハンマーで削る。
 
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。