つづら岩

 
【日程】 2018年4月28日(土)
【天候】 晴れ
【山域山名】 奥多摩 つづら岩
【分類】 マルチピッチクライミング
【CT】八王子駅南口(6:30)ー柳沢林道口駐車場(7:25-07:35)--綾滝(8:15)--つづら岩(9:10-15:30)--柳沢林道口駐車場(16:45)
 
奥多摩・ 馬頭刈尾根上にあるアルパインゲレンデ、つづら岩へ。
 
「丹沢の谷」著者でも知られる後藤さんにお世話になり、他会のメンバー2名と計4名。
 
八王子駅南口で待ち合わせ、 千足集落から東屋商店のすぐ先の細い柳沢林道へ右折。東屋商店の道路対岸に500円の有料駐車場もある。
 
柳沢林道に入り、左に公衆トイレのある柳沢林道口駐車場まで。計4台ほど駐車可能。
 
 
林道終点に車を停める方もいるが、ここは本来は駐車禁止のようだ。昨年7月、大岳沢からこちらに下山した際の救助要請が懐かしい。
 
 
岩場までのアプローチは植林の急登を約1時間半。
 
 
途中の綾滝で1回小休止。
 
 
ここの名物オケラルート(RCC Ⅲ)が本来の目的だったが、午前中はゲレンデ右側の一般ルート(RCC Ⅳ)にトップロープをセットして、チャートの岩場に慣れる。
 
一般ルートは慰霊碑ある右から上がって左へトラバースしていく。
 
 
僕らの他には女性2人組パーティーのみだった。
 
後藤さん曰く、 最近のトポでもⅢ~Ⅴ級+と昔からのグレーディングがそのまま記されているが、ワンランク難しいと考えた方がよいとのこと。
 
マルチピッチのロープワークを確認。
 
 
・セルフビレイを取る位置はそれぞれのスタイルで良し。但し、メインロープでのセルフはダイナミックなので落下時の衝撃吸収されるが、PASはスタティックなのを考慮する必要がある。
 
・PASは必ずねじれがないようにして伸ばす。PASにビレイデバイスセットして懸垂するときは特に注意。
 
・支点構築の際のカラビナの環の向きは左右とも外側。
 
・支点構築のスリングの長さは、セルフビレイの長さの1/2が最もセカンドのビレイしやすいが、実際はそうもいかない。
 
・強固なボルトは流動分散でOK。固定分散はエイトやオーバーハンドよりもクローブヒッチが望ましい。
 
・懸垂の際のダブルロープ連結は今はオーバーハンドノット2回。
 
・ ハーケンやリングボルトの場合、落下係数を伴うテンションは避けなければならない。
 
午後はいよいよオケラルート。
 
 
出だしのチムニーが意外と難しい。ステミング気味に登って、チョックストーンのある幅30cmほどの狭い洞窟区間に入る。
 
 
しかし、思ったより狭い。
 
体が挟まって身動き取れない状態から、 5mほど体を少しずつ引き上げズリズリと登る。 ある意味、落ちる心配はないけど。
 
2ピッチのルートだけど、結局ピッチ切らずに今回はセカンドで登った。
 
 
洞窟抜けた後も岩が脆いので慎重に。
 
 
下降はスパッと切れた頂上から40m懸垂下降。高度感ありすぎて、下降前はちょっと緊張だけど気持ちいい。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。