トップロープクライミングの基本手順

トップロープクライミングは、ルート最上部の強固な確保支点に通した確保用のロープで安全を図りながら登る。
 
◆ハーネスとビレイデバイスのセット
ハーネスのビレイループに、ビレイデバイス付きのHMS型安全環付カラビナをセット。
① ロープをU字にしてビレイデバイスの穴に通す。この時、クライマー側のロープが上、
ブレーキハンド側のロープが下になるように通す。
② U字に通したロープとビレイデバイスのワイヤーケーブルの両方を、環付カラビナにセ
ット。
③ カラビナの環をしっかりと締める。

◆ 安全確認
登攀開始前、相互に安全チェックを必ず実施する。
・ロッキングカラビナの安全環が締まっているか?(環良し)
・クライマー側のロープがハーネスのタイ・イン・ポイントを通って、8の字(フィギュア・エイト・フォロースルー)が正しく結ばれているか?(通し良し)
・ビレイヤー側のロープが、ビレイループに正しい向きでセットされたビレイデバイスを通っているか?(通し良し)
・ハーネスがきちんと装着されているか(ねじれがないか、シングルバックルの場合折り返しがされているか)?(折り返し良し)
相互に 「環良し、通し良し、折り返し良し!」

◆クライミング開始
(ロープが張られた状態か、トップロープ支点を中心として、ロープにねじれがないかを確認した上で)
ビレイヤー 「ビレイOKです、どうぞ!」
クライマー 「登ります!」
(ビレイヤーはクライマーの動きに合わせて、ロープがたるまないようにたぐる。クライマーは常にロープが右手と左手の間にある状態で登る。)
 
◆トップロープクライミングのビレイ
基本的には、クライマーが登ってたるんだ分のロープをたぐるという操作の繰り返し。
クライマー側に伸びてるビレイデバイスより上のロープを顔の前ぐらいの位置で握る(利き手が右手の場合は左手で)。右手でビレイデバイスすぐ下のロープを握る。右手はブレーキハンドとなるため決してロープから離してはならない。

① 右手で持ってるビレイデバイス下のロープを、クライマー側に伸びてるロープと平行になるように引き上げる。クライマー側ロープはビレイデバイスに取り込まれ、顔の前ぐらいにあった左手は、ビレイデバイスのすぐ上まで下がる。

② ロープを取り込んだら、左手をビレイデバイスすぐ下に握り替える。

③ 持ち替えた左手でてロープを下に引いてビレイデバイスに巻き付ける。

④ 右手をビレイデバイスすぐ下に戻す。

⑤ 左手をビレイデバイス上の顔の前ぐらいの位置に戻す。

この操作の繰り返し。 


・ビレイデバイスはお腹の上で常に立った状態で操作する(ビレイデバイスが下を向いた状態にしない)。 
・ビレイデバイス下のブレーキハンドはクライマーが墜落した場合にロープの流れを止める手になるので、決してロープから離してはならない。
 ・ビレイヤーはクライマーをグランドフォールさせないことが義務。いつクライマーが落ちても確実に止められるように考えて確保。

◆ロープを張ってほしいとき
クライマー 「テンションお願いします!(張ってください!)」
ビレイヤー (しっかりとロープを張ってから)
        「テンションOKです!(張りました!)」

◆終了点に到着して下降(ロワーダウン)するとき
クライマー 「テンションお願いします!(張ってください!)」
ビレイヤー (しっかりとロープを張ってから)
                「テンションOKです!(張りました!)」
クライマー (ロープに完全にぶら下がってから)  
        「降ろしてください!」
ビレイヤー 「降ろします!」
 (ビレイヤーはゆっくりと降ろす。クライマーは手と体を壁から離した状態で、足でバランスを取りながら下降。)

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!