リードクライミングの基本手順

シングルピッチのボルトルートを想定した、リードクライミングの標準手順。

◆基本装備
・ハーネス
・ヘルメット
・クライミングシューズ
・ビレイグローブ
・チョーク
・シングルロープ50m
・セルフビレイコード (PAS等)+安全環付きカラビナ
・ビレイデバイス+ 安全環付きカラビナ
・フリクションノットコード(7mm×150cmで作成)+ 安全環付きカラビナ
・プロテクション(クイックドロー、ルートに応じてナチュラルプロテクション)

1. 登攀開始前

相互に安全チェックを必ず実施する。

2. 登攀開始

・クリッピング(クイックドローは固定された側を下向き、逆クリップ、Zクリップに注意)。

・ボルトに指を入れない(指がちぎれる)。

・クイックドローを掴まないといけないときは真ん中の部分。

・ロープを手繰ってる状態のときは気合で絶対に落ちてはいけない。

・リングボルトへはクイックドローを下から掬い上げて掛ける。ゲートと岩壁が相対する掛け方はしない。

・クリップする際のクイックドローのゲート側は、原則、進行方向の逆側。

・墜落時はホイップラッシュ現象によって、カラビナのゲートが開くことが少なくない。クリップ時のカラビナのゲートの向きは、ゲートが開いている想定で考える。ワイヤーゲートカラビナはホイップラッシュ現象によるカラビナの開きに強い。

・ロープの流れが悪い箇所、クラックなど状況に応じてスリング、ナチュラルプロテクションを使用。

3. 終了点での結び替え

残置支点に信頼できるカラビナがなくゲートの開かない支点のみの場合、ロワーダウンするためには、結び替えが必要となる。

 ① 終了点のハンガーにロープをクリップする(終了点の位置が不安定な場合、セルフビレイを取る)。ビレイヤーはビレイを継続。

 ② 引上げたロープを2つ折りにして終了点のリングに通す。

 ③ そのロープにエイトノットを作り、ハネーネスのビレイループに安全環付カラビナで連結する。

 ④ テンションを掛けてメインロープでビレイできているか確認。

 ⑤ 元のハーネスに連結しているエイトノットを解除。 

4. ロワーダウン

下降しながらクイックドローを回収する。

① ハーネスのビレイループとビレイヤーから支点へ伸びているロープをクイックドローでつなぐ(クイックドローの回収漏れ防止だが必須ではない)。

② 次の中間支点まで降ろしてもらい、「ストップ」とコール。

③ クイックドローを回収する。まずボルト側を外し、ロープにクリップされたままギアラックにかけ、最後にロープから外すと落とさない。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。