名栗川白谷沢

【日程】 2018年6月30日(土)
【天候】 晴れ
【山域山名】 奥武蔵 名栗川白谷沢
【分類】 沢登り
【メンバー】 単独(個人山行)
【CT】 自宅(6:10)ー八王子駅(6:59)ー東飯能駅(7:35-7:43)ー<国際興業バス>ーさわらびの湯BS(8:21-8:25)・・・有馬ダム(8:35)・・・ 白谷沢登山口(8:50)・・・入渓点(8:55)・・・第一堰堤(9:00)・・・第二堰堤(9:10)・・・3段10m美折ノ滝(9:15)・・・2段5m飛龍ノ滝(9:30)・・・3段10m三次ノ滝(10:05)・・・2段10m藤懸ノ滝  (10:45)・・・2段7m天狗滝(11:00)・・・10m白孔雀ノ滝(11:15)・・・白谷沢登山口(12:05)・・・さわらびの湯(12:30)
  
梅雨明けの週末、涼を求めて奥武蔵の名栗川白谷沢を単独遡行。

東飯能駅からバスに乗ったが、始発の飯能駅から乗ってきた登山者でごった返していた。

さわらびの湯BSで下車して、棒ノ折山白谷沢登山口へ向かう。

名栗湖を見下ろしながら、有馬ダムの上を歩いて渡り右手へ進む。 
 
白谷橋の登山口を入ってすぐに、緩やかな斜面を左に下降して入渓。
 
 
 
 


3段10m三次ノ滝。
 


美しい渓だ。

 
藤懸ノ滝はノーザイルで登るにはちょっといやな感じだったが、1段目いいガバを見つけてを慎重に登り、2段目は右側から巻いた。
 
 


2段7m天狗滝は左手の登山道より巻く。
 


ゴルジュを抜け白孔雀ノ滝手前で遡行終了。

ソロ沢なので、巻けるところはできるだけ巻くことに努めたが、脆い泥壁や落ちられない滝はかなり集中して疲れた。

ロープ欲しいなと感じたところが2か所はあっただろうか。

棒ノ折山まで登る手もあったがそれはまた次回、パーティーで来たい。 登山道を使って白谷沢登山口まで戻る。
 


下山後、さわらびの湯で汗を流した。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!