大岳沢~大岳山

【日程】 2018年7月8日(日)
【天候】 曇り
【山域山名】 奥多摩 大岳沢~大岳山
【分類】 沢登り
【メンバー】 7名(例会 CL)
【CT】 自宅(6:10)ー武蔵五日市駅集合(8:00)ー<タクシー>ー大岳林道終点(8:30-8:50)・・・入渓点(8:50)・・・大滝(9:10)・・・登山道出合(10:40)・・・大滝分岐(11:40)・・・大岳山(12:10)・・・つづら岩(13:25)・・・綾滝(14:00)・・・千足BS(15:00-15:45)ー武蔵五日市駅(16:15)

会の例会で、養沢川大岳沢を遡行して馬頭刈尾根に上がり大岳山山頂まで。昨年も同時期に例会で大岳沢を遡行している。

武蔵五日市駅からタクシー2台に分乗して大岳鍾乳洞の先、大岳林道の終点まで。ここで装備を整える。
 


すぐ先に架かっている橋を渡り右側から入渓。苔の厚い渓相は美しく、この日は水量も多い。すぐ横を登山道が通る。
 


小滝を過ぎ二俣を左に入り、次の二俣は右に入る。木橋の下をくぐりやがて大滝が現れる。
 
 


大滝上から再び沢に入り、段々状の小滝そして3m滝はロープを出す。全て釜に入り、水流沿いを直登して全員びしょ濡れ楽しすぎる。
 
多段滝が続き、時折スリングで後続をお助け。去年は水が枯れて登山道に上がったあたりでも水が枯れない。
 
 


ゲロゲロ。
 
 
こちらも遡行を終えて、同じく大岳山を目指す。
 
 
紫陽花。
 
 
馬頭刈尾根はなかなかの急登で、沢登りを終えてもまた一仕事といった感じ。

大滝分岐で小休止し、膝の調子が悪い1名停滞、残り6名で大岳山山頂へ向かう。富士山が姿を現す。
 


山頂直下は急登の直登ルートで。山頂は多くの登山者でにぎわっていた。
 


下りは、つづら岩と綾滝に立ち寄りながら千足方面へ。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!