ダブルフィッシャーマンズノット

ダブルフィッシャーマンズノットは、エイトノットの末端処理に使ったり、ロープの末端同士を結ぶのに使ったり。

フリクションノットコードを作成するときは、必ず必要な結びなので、僕も最初は本を見ながら涙目で作った。
 
クライミングで最初に覚えるべき結びとしては、エイトノット、クローブヒッチと並んでトップ3に入る感じだろうか。昔は、もやい結びが必須だったと思うが、今は覚えなくても困らない結びに格下げされてしまった感がある。

1. ロープの末端を上向きに左手で持つ。
  
 
2. 自分より外側から手前に時計回りで2回、人差し指添いに這わしたロープに巻きつける。
  
 
3. 2回転させたら下の穴からロープを出して、指を抜いて締め上げる。 必ずロープの末端がロープ径の10倍以上出ているように。
  
  
 
4. ロープの末端と末端を繋ぐ"ダブルフィッシャーマンズベントの場合、 反対側の末端も同じ手順で結ぶ。
  

5. ロープを引っ張って結びを固める。
  
 
ひっくり返すと。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。