衝撃荷重と落下係数

◆衝撃荷重
 
・クライマーの墜落によって生じたエネルギーは、ロープの伸び、ビレイヤーの移動、クライマーの身体によって吸収される。その際、ビレイシステム全体に加わる力を衝撃荷重と呼ぶ。 クライマーにとっては、墜落が止まる際に受ける衝撃の値。 

・1kN=100kg換算  
 
・ロープのスペックとして表示されている衝撃荷重値は、UIAAフォールテストで重りにかかった衝撃の最大値。
 
◆落下係数
 
・落下距離/繰り出したロープの長さ 
 
 
・ダイナミックロープでは 0 ~ 2 の値
 
・ロープで、確保されていた場合、 

⑴ 途中8m地点に中間支点を取り、計10m登攀して墜落、4m落下すると落下係数は、0.4。

⑵  中間支点なしで10m登って墜落し、ビレイヤーより10m下まで、合計20m落ちてぶら下がった場合、落下係数は、2。 

・落下係数2の墜落は避けなければならない。マルチピッチの場合は必ず0ピンをクリップ。落下係数2を経験したロープは継続して使用しない。

・繰り出されたロープが長ければ長いほど衝撃が吸収されるため、墜落の重大さは、墜落の距離のみでは決まらない(繰り出されたロープが長いほど墜落によるエネルギーを吸収するため)。
 
・理論上の落下率では、ロープと岩やクイックドローとの摩擦は考慮されていない。これらの摩擦は、墜落のエネルギーがロープ全体に伝わらない原因となる。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!