鳳凰三山

【日程】 2018年7月24日(火)~25日(水)
【天候】 晴れ
【山域山名】 南アルプス 鳳凰三山
【分類】 ピークハント/縦走
【メンバー】 単独(個人山行)
【CT】   
  7/24 自宅(6:40)-八王子駅(7:22-7:29)-<スーパーあずさ1号>-甲府駅(8:28-9:05)-<山梨交通 南アルプス登山バス>-夜叉神峠登山口(10:17-10:30)・・・夜叉神峠(11:30)・・・夜叉神峠小屋(11:35)・・・杖立峠(12:55)・・・苺平(14:15)・・・南御室小屋(14:45)
7/25 南御室小屋(5:20)・・・砂払岳(6:20)・・・薬師岳小屋(6:25)・・・薬師岳(6:55)・・・観音岳(7:25-7:40)・・・鳳凰小屋分岐(7:55)・・・地蔵ヶ岳(9:00-9:15)・・・アカヌケ沢の頭(9:40)・・・高嶺(10;40-10:50)・・・白鳳峠(11:35)・・・白鳳峠入口(13:25)・・・広河原インフォメーションセンター(13:40)
  
 
夏休み最後の3日間は、ソロ山行で飯豊か塩見~北岳を考えていたが、1日のんびりしたくなって結局は南アルプスの鳳凰三山にした。

甲府からバスで夜叉神峠登山口へ。バスを降りて、ゲートがある広河原方面の逆側に少し戻って、左手から登山道に入る。
 
 
青空に雲モクモク白峰三山は雲隠れ。
 


樹林帯をさらに進み、杖立峠そして苺平を経て南御室小屋へ到着。
 
 


水場はキンキンに冷えた南アルプス天然水がジャンジャン湧いていて素晴らしい。
 


水場近くに咲くクルマユリちゃん。
 


夕飯は、湘南のレストラン珊瑚礁のレトルトドライカレー。
 


翌朝4:30にアラームをセットして出発。

登り始めて次第に花崗岩が目につき始め、にょきにょきポコチン岩。
 


砂仏岳山頂。北岳はじめ白峰三山が姿を現しテンション上がる。
 


砂礫にピンクのタカネビランジも姿も。
 
 
 
次は鳳凰三山の最高峰、観音岳へ。
 


甲斐駒ヶ岳と地蔵岳が姿を見せる。
 

岩尾根を辿ってアカヌケ沢の頭、そして地蔵岳の鞍部、賽ノ河原へ。
 
 
 
 


樹林帯に入り、最後は急なハシゴ場が続いて広河原に下山。最後は少しバテた。
 


広河原の白鳳峠登山口はかなり地味だ。こっちから登ると見逃がしそう。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。