富士山グランドキャニオン~小富士東尾根

【日程】 2018年9月17日(祝)
【天候】 晴れのち曇り
【山域山名】 富士山グランドキャニオン~小富士東尾根
【分類】 バリエーションルート
【メンバー】 2名(個人山行)
【CT】自宅(7:00)ー須走口五合目駐車場(9:00)・・・東富士山荘(9:10-9:40)・・・富士箱根トレイル入口(9:45)・・・御室浅間神社跡(10:00)・・・狩休(10:40)・・・旧馬返(11:25)・・・グランドキャニオン左岸(11:50)・・・1905.5m三角点(13:40)・・・小富士(13:50-14:00)・・・古御嶽神社(14:20)・・・須走口五合目駐車場(14:30)
  
 
火山灰の地層が雪代と呼ばれる土砂混じりの雪崩で削られた、富士山グランドキャニオンと呼ばれる谷を見に。

早朝、中央道から正面に見えてきた富士山は雲一つかかっていない。
 


しかし高速を降りて、あれよあれよという間に雲が沸き、あっという間に見えなくなってしまった。

須走口五合目駐車場に駐車して、雲海と空の青さが素晴らしい。
 


東富士山荘で朝ご飯に、きのこ蕎麦。この周辺で採れた旬のきのこ、さすがに美味い。
 
 


御室浅間神社跡は、江戸時代に富士講が盛んだった時の名残。
 


あちこちに季節のキノコが。しかし、食べられるキノコの見分けが全くできずに手が出せない。
 
 
しばらく進んでいくと、グランドキャニオンと呼ばれる谷が左手に姿を現す。

かなりの高さがある個所もあり、落ちないよう慎重に寄って下をのぞき込む。

すごい地層。1万年前のものまで見られるらしい。
 
 


ふじあざみラインの馬返しバス停付近にいったん出て、少し下り旧馬返しあたりからグランドキャニオンに出る。
 
 


尾根に上がったあたりはピンクテープがあったが、それ以降は全くなし。踏み跡もほとんど見つけられないが、傾斜は緩く明瞭な尾根なので迷うことはない。
 


途中、地下足袋履いたキノコ採りの達人に出くわす。よくこんな道のないところ登ってきたね~とナラタケ大量に分けていただいた。感謝。
 


結局、小富士に出るまでの行程中、出会った人間はこの1人のみだった。 

 森林限界を超え、富士山らしいザレを歩く。
 


1905.5m三角点を経て小富士ピークへ。
 
小富士から登山道を須走口五合目へ戻る。

なかなか楽しいバリエーションルートだった。次はグランドキャニオンの谷底を歩いてみたい。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。