鈴川水系 大山川

【日程】 2018年9月23日(日)
【天候】 晴れ
【山域山名】 丹沢 鈴川水系 大山川
【分類】 沢登り(登山教室 SL)
【CT】自宅(6:10)-町田駅(7:11)-<小田急線>-伊勢原駅(7:35-7:45)-<神奈中バス>-大山ケーブルBS(8:12)・・・大山ケーブル駅(8:30-9:00)-<大山ケーブルカー>-阿夫利神社駅(9:10)・・・二重滝下(9:30)・・・F1・・・F2・・・F3・・・二重滝下装備解除(14:40)・・・阿夫利神社駅(14:50)
  
 
丹沢・大山川の滝を利用して、連続した岩場の登攀および懸垂下降の練習。

伊勢原駅から大山ケーブルバス停で下車し、ロープウェイの大山ケーブル駅まで15分ほど歩く。

お店の連なる階段ではなく、左側の坂を上がったほうが楽なようだ。
 
ケーブルの始発を待ち乗り込む。
 

ケーブルの終点・阿夫利神社下社駅から、下社の階段下にある広場へ。ここで装備を整えて、茶屋の左側から下り二重滝に架かる二重橋へ出る。
 
 


二重滝下段の10mF1は左から登る。ハーケンが取り付き点にしかなくほとんどフリーと同じだった。

(あとで気が付いたが、その上の左側にもう一本あった。他にも最近ハーケンが追加で打たれたという事前情報だったが、抜けてしまったようだ。)

出だし、残置スリングのかかっている付近が細かくて少し厳しい。

途中、右側の立木で中間支点を取る。

上段手前のテラスへ少し下り、立木で支点を取り後続2人をビレイ。最初は左側の立木で取ろうとしたが、少し下った上段手前のこちらが正解だった。
 


上段2条8mのF2は、ロープをぶら下げながら中央をフリーで登る。岩にスリングを回して支点を取り後続ビレイ。
 


F3は水も涸れ短く3人ともフリーで。
 


ここで後続班を待つが、二重滝で苦戦のメンバーいるようで、かなり時間かかってる様子。

本日は遡行目的ではないので、あとは懸垂下降とムンターヒッチでのロワーダウン、登攀練習とした。
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。