雨飾山

【日程】 2018年10月19日(金)
【天候】 晴れ→曇り→雨
【山域/山名】 頸城山塊 雨飾山 
【分類】 ピークハント/縦走(個人山行)
【CT】自宅(3:10)-八王子JCT-<中央道・長野道>-安曇野IC-雨飾高原キャンプ場登山口駐車場(7:30)・・・雨飾山登山口(7:35)・・・ブナ平(8:40)・・・荒菅沢(9:30)・・・笹平(10:45)・・・雨飾山(11:20-11:50)・・・笹平(12:15)・・・荒菅沢(13:15)・・・ブナ平(14:10)・・・雨飾山登山口(15:00)-雨飾荘(15:15-16:00)
  

有休を頂いて相方と雨飾山を訪れる。紅葉時期に一度は来てみたいと思ってた山だ。

早朝、安曇野ICを降りて雨飾高原キャンプ場登山口駐車場へ。途中、白馬岳が神々しいほどの白さだった。
 


シーズンピークは過ぎたと思われる平日、50台ほど駐車可能な駐車場は、余裕で停められた。

駐車場のトイレに立ち寄ってから、登山道へ。

まさに錦秋の雨飾山。
 


ダケカンバそして黄金色に光り輝くブナ林は唸る美しさ。
 
 


今年の紅葉は台風で落ちた葉や、焼けた葉も多いと聞いていたが、この辺の紅葉は素晴らしいの一言。

尾根の急坂をしばらく登っていくと、突然視界が開ける。素晴らしい眺め。
 


最初は肌寒くてフリースを着込んだが、途中から暑くなってTシャツ1枚に。

荒管沢を渡渉し紅葉した布団菱の岩峰群に見入る。深田久弥は沢を詰め、布団菱を辿って雨飾山に登頂したようだ。
 
 


樹林帯を抜けると、笹原が広がる緩やかな登りに変わる。

主稜線に出て左へ。雨飾温泉への分岐がある笹平を過ぎて、しばらく行くと山頂。雲が次第に広がりだした。
 
 


雨飾荘に立ち寄り小谷温泉の湯で汗を流した。早くもストーブの火がつけられていた。
 


山はこれから厳しい冬へと向かう。

帰り、白馬に寄り道して自家製ベーコンの美味しいグリンデルさんへ。

ベーコンもソーセージも美味いが、添えられているボリュームたっぷりフルーツの甘み漂うポテトサラダ秀逸。 

デザートの手作り焼きプリンにまた唸る。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。