日和田山女岩

【日程】 2018年12月1日(土)
【天候】 晴れ
【山域/山名】 奥武蔵 日和田山女岩
【分類】 セルフレスキュー(個人山行)
【CT】 自宅(7:00)-八王子駅(7:45)-高麗駅(8:34)・・・日和田山女岩(9:10-15:10)・・・高麗駅(15:40)
  
 
会の先輩にお世話になり、日和田山女岩で懸垂下降とレスキューの練習。
 


週1ソロで練習されてるだけあって、岩場に来る皆さんともほとんど顔馴染みの様子で女岩の主の風格。

まずはバックアップ取っての空中懸垂から。バックアップはマッシャー。出だし、体をしっかりのけぞらせてから下降。
 


次に、襷掛けからロープを繰り出しながらの懸垂下降を伝授していただく。
 


ロープ繰り出し懸垂は、ハーネスのギアラックにスリングで振り分けたロープを束ねたりとか、他にもやり方は様々。

頭で分かったような気になってても、手順のコツをきっちり覚えないと、途中でロープが上手く出なくなることが多い。

物覚えの悪い僕は、手順を繰り返して練習。

1. ロープを懸垂支点に通す
2. 末端が結ばれた側のロープを下に垂らしながら、右手で結び目の上を持つ
3. そのまま右手甲を上にして親指をビレイループにかける
4. 右手を起点にロープを右肩にたすき掛け
5. 巻き終わったら腕を内側から通す
6. 支点側ロープは少し出しておく、ロープは体の右側から下に出る形
7. ビレイデバイスとバックアップのセット、ロープが繰り出せるように末端側ロープの上にならないよう注意
8. 左手で制動し、右手で下に垂れていってるロープの末端側を持ち、体の右側へ繰り出していきながら下降

次は仮固定とバックアップロックの解除。  
 
  
 
最後にフォールしたセカンドのロワーダウン。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!