谷川岳 天神平

 
【日程】 2018年12月23日(日)~24日(祝)
【天候】 曇りのち雪
【山域/山名】 谷川連峰 谷川岳 天神平
【分類】 雪上訓練
【CT】
12/23 自宅(5:00)-新宿駅西口(6:30)-谷川岳ベースプラザ 土合口駅(9:50-10:10)-<谷川岳ロープウェイ>-天神平駅(10:20)・・・天神平(10:30-17:00)幕営
12/24 天神平(7:00)・・・天神平駅(7:00-8:30)-<谷川岳ロープウェイ>-ベースプラザ(8:40-9:00)-新宿駅西口(12:10)
 
久し振りに栗山さんのお世話になって谷川岳で雪山講習。当初は越後湯沢での開催予定だったが、積雪少なく谷川岳に変更。
新宿駅に集合し車で2週間ぶりとなる谷川岳ベースプラザへ。下の雪はほとんど溶けちゃっている。
 
ロープウェイで天神平まで上がって講習開始。
 
まずは雪上歩行技術。アイゼンつけてもつけなくても技術は基本同じということで、アイゼンつけずにしっかりした歩行を反復。
 
・フラットフッティング
・ダックウォーク
・ダイアゴナル
・スリー(ナイン)オクラック
 
 
次に2人1組となり、安全環付カラビナ2枚で連結した120cmスリングを2本をガースヒッチで右足首に巻く。
 
そのまま登下高し、もう一人がスリングの末端を持って突然引っ張り転倒させ初動停止訓練。これを交代交代で繰り返す。
 
 
僕は防大山岳部の女の子とペアとなり、彼女の礼儀正しさとハートの強さにこの国の将来は大丈夫だなと思った。
 
ピックは常に山側、転倒したと同時にピックを雪面に刺して停止。前方転倒はピックを軸に体を回転させ停止。
 
滑落停止はクロスポジションからの反転方式を練習。
 
 
急斜面をソリで滑りながらの滑落停止訓練は豊島園のジェットコースター真っ青。
 
ソリはスリングを足首に巻いて流れ止め。
 
 
1日目の最後は雪洞設営。横穴を掘るだけの積雪がなかったため、竪穴式にして中にツエルト設営とする。
 
 
麻婆春雨辛口で体を暖めシュラフに潜り込むが、夜間になって予報以上の降雪が始まりツエルトは半壊。
 
 
寒くて子ウサギのように震えながら一夜を明かす。
 
結局、一晩で50cm程度の積雪となり風も強くロープウェイが止まるリスクもあったため、8:30始発ロープウェイで下山することに。
 
 
残念ではあったが辛くもいい体験となった雪上ビバークだった。やっぱりダウンのテントシューズ買おうかな。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。