スタカットビレイの基本

スタカットビレイとは、滑落、墜落の危険性が高い場面で、支点を起点にして一人(トップ、リード)がもう一人(フォロー)の確保を受けながら登るシステム。

トップが登ってる途中の滑落、墜落に備えて、中間支点を設けながら登る。

支点には岩に打たれたボルトや立木などが使われる。

次の支点まで登ったら、そこを起点にして後続のメンバー(フォロー)を上から確保して順番に登らせる。

危険箇所が続く場合は、このシステムを繰り返しながら突破していく(マルチピッチ)。
 

 
◆ 長所
強固な支点を起点にしてパーティ全体の安全が確保される。

◆ 短所
コンテニュアスビレイとは違い、パーティー全体が行動しながらではなく一人一人が順番に行動するため、運用に時間がかかる。


◆ 手順の一例 (急峻な樹林帯の斜面を想定)

1.  フォローが立木でセルフビレイをとりビレイの準備。
(立木にセルフビレイをとる場合、ロープを立木に回してからクローブヒッチでカラビナをビレイループに連結するか、立木にスリングをラウンドターンがガースヒッチでセットしてセルフビレイコードでとる。)

2. トップは立木に中間支点を設けながら登る(立木が中間支点になるようジグザグにルート取りしてもよい)。

3.  終了点に到着したら、セルフビレイをとり立木に支点構築。

4.  トップはフォローに「ビレイ解除」コールを出し、フォローはビレイ解除。

5.  トップはビレイの準備をし「ビレイOK」コール。

6. 中間登攀者はメインロープにフリクションヒッチ(ブリッジプルージック、クレイムハイストなど)をセットし、「登ります」コールを出し、セルフビレイを解除して登る。

7. 中間登攀者は順次全員、同様に登る。支点に到着したらセルフビレイをとる。

8. トップは余分なロープを引き上げる(ロープアップ)。

9. 最後に残ってるフォロー(ラスト)は「ロープいっぱい」コールを出す。

10. ラストはセルフビレイを解除し登る。


◆立木への支点構築方法

ガースヒッチは強度が低下するため、 可能な限りツーバイトやラウンドターンで支点構築。そのため180~ 240cm程度の長いスリングを準備する。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!