ショートロープの基本

ショートロープは、ガイドとクライアントとの間を短い距離(1.5m前後)で繋ぎコンティニュアスする確保技術。
 
滑落停止ではなく、クライアントがバランスを崩した時点で転倒を防止して滑落を防ぐ。
 
ガイドが絶対に落ちないことを前提にしてる技術であって、安易な運用はしてはならない。
 
 
1. ショートロープの準備
 
① スタッフバックにロープを上から押し込めて末端をダブルフィギュアエイトノットで結びカラビナを通しておく。
 
② ザック上部に収納したスタッフバックからロープを外に出し、末端のカラビナをザックのショルダーストラップにかけて行動。
 
③ ショートロープに移行する場合は、ロープを15~20mほど出してザックから出たロープをハーネスにクローブヒッチで連結。
 
④ 7m前後(クライアントからコイルを持つ手まで2m、コイルに4m、ハーネスからコイルまで1m)を残して、残りはチェストコイルにしておく。
 
 
2. チェストコイル
 
① 左手のひらを下にし親指をビレイループにかける。
 
② 首と手のひらを軸にロープを巻いていく。
 
③ 左腕をコイルに内側から通して、たすき掛けにする。
 
④ 右手側より、巻いたコイルの下側からロープを折り返しながら引き出す。
 
⑤ 折り返したロープをビレイループに通し、コイルを1~2回転させメインロープにオーバーハンドノットで固定(さらにビレイループにカラビナで留めると良い)。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!