懸垂下降中の仮固定

バックアップをセットしていない懸垂下降で、いったん停止してロープの処理が必要な状況になったり、最悪登り返さないといけない場合。

まずは仮固定し両手を自由にする必要がある。仮固定のやり方は複数あるけれど、最もスタンダードで解除もしやすいミュールノットでのやり方。

ムンターヒッチ、ビレイデバイス問わず、同じやり方で仮固定可能。

① ビレイデバイスの場合、ロープが流れないようにカラビナをレッグループに掛け、テンションのかかっていない側(ビレイデバイスの下側)ロープを通してカラビナで折り返す。
  
 
② ビレイデバイス下の屈曲部を左手で押さえ、折り返したロープを右手でしっかり握る。
  
 
③ 折り返したロープを、テンションのかかっているビレイデバイス上ロープの左下側から、ねじって輪を作りながら右上に持ってくる。
(ミュールノットは、輪をテンションかかったロープの上側で作るやり方でもよい。)
  
 
④ その輪の中に、ビレイデバイス下側ロープを二つ折りで下から通して手前に強く引きミュールノットを作る。
  
  
  
 
⑤ オーバーハンドノットでバックアップ。
  
  
 
⑥ 解除の際はオーバーハンドノットを解き、ビレイデバイス下の屈曲部を左手で押さえながら、一気に引いてミュールノットを解く。
  

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!