「ビッグブックのスポンサーシップ 」 ジョー・マキュー(著)

 
この日本語版序文の中でジョーは、「AA(アルコホーリクス・アノニマス)の12のステップは決して目新しいものではない。もともとは数千年にわたって実践されてきた生き方の原理である。しかし、ビルはその原理を巧みに編み変え、誰にでも実践できるプログラムにした。そしてこのプログラム――12のステップによって、数百万人の人々が苦しみから救われ、彼らの回復が可能になった。」と書いている。

今やアルコホリズムのみならず、あらゆる依存症、アディクションの回復に世界中で使われている12ステップ。
 
しかしジョーは12ステップの原理が、正しく伝えられなくなってきており、その効果が薄れてきていると、現状の問題点を指摘しその改善の必要性を明らかにしている。
 
12ステップの原理を、原典である「アルコホーリクス・アノニマス(ビッグブック)」に沿って正しく理解し行動することがジョーの提案。

リカバリー・ダイナミクス(RD)は、ジョー・マキューが主として依存症回復支援施設のために作ったプログラム。このプログラムの基礎は、アルコホーリクス・アノニマス(AA)のビッグブックと12のステップ。

ジョーたちは、AAの12のステップを次の三つの目標に到達するためのプログラムとして理解した。

1番目の目標は、問題は何であるかを知ること=ステップ1
2番目の目標は、問題の解決策は何であるかを知ること=ステップ2
3番目の目標は、解決策を手に入れるための行動を起こし、結果を手に入れること=ステップ3から12

ビル・ウィルソンが言う「出来事の連鎖」というものがある。最初の40人の出会い。
 
1931年、アルコホリズムに苦しむ投資銀行家ローランド・ハザードがカール・ユング博士に助けを求めたとき、スピリチュアルな経験による人格の変化があれば望みがあると言われ、NYでオックスフォード・グループに繋がった。
 
彼はソブラエティを得て、旧友のアルコホーリク、エビーにメッセージを運び、エビーがAAの共同創始者の一人となるビルにメッセージを運ぶことになる。
 
タウンズ病院のシルクワーク博士の助けを得ながら、ビルは出張中のオハイオ州アクロンで、もう一人のAAの共同創始者となるアルコホーリク、ドクター・ボブにメッセージを運ぶことになる。そうした連鎖の延長線上に、今日知られるAAがある。
 
オックスフォード・グループの創始者フランク・ブックマンが表にした5つの基本原理とは、
① 降伏し、
② 罪を点検し、
③ 告白し、あるいは分かち合い、
④ 償いをし、
⑤  神の導きを求めた。

1935年にAAが誕生し、1938年に12のステップが書かれるが、回復のプログラムの原型は
1. シルクワーク博士・・・問題(ステップ1 )
2. ユング博士・・・解決策(ステップ2 )
3. オックスフォード・グループ・・・行動のプログラム(ステップ3~12 )
にあるとも言える。
 
ビルW自身が、自分はそれらをまとめ上げる道具として神から使われたのだと発言している。

・スポンサーシップとは一言で言うと、スポンシーにステップを、つまり問題(ステップ1 )と解決策(ステップ2)と行動のプログラム(ステップ3〜12)を案内し回復に導くこと。

・1か月で一通り12ステップを終わらせるとジョー・マキューは提案している。

・もう一人のアルコホーリクを助けるためにスポンサーが最初にしてあげられることは、自分自身の問題について話すこと。

自己を作ってる人間の基本的本能とは、

1. 共存本能
仲間との交わり、名声、自尊心、プライド、人間関係、野心
2 . 安全本能
物質的、感情的、野心
3. 性的本能
容認されるもの、隠しておきたいもの、野心
すべての問題は、コントロールを失った基本的な本能がもたらすもの。
 
基本的本能の暴走
自我の肥大化
性格上の欠点(利己的、不正直、恐れ、配慮の欠如、およびそれらが複合して生じる様々な欠点)
基本的本能が脅かされると、
恨み、恐れ、他人を傷つける行為

本能そのものは神から与えられたものであり、必要で良いものであるということを理解する必要がある。これらを理解した上でステップ4を行う。

自分自身にまったく過ちがない場合には、配慮の欠如という欠点がなかったか考える。例えば、この人も私と同じように病んでいるのだと、考えられなかったかどうか。この人の助けになるには、どうすべきだろうと考えるべきではなかったかと。、他人を変えることはできない。自分自身に働きかけるのみ。

・ステップ5の際にステップ10のやり方を伝える。

・手放すことが出来ない根深い恨みには、恨んでる相手のために祈ることが提案されている。
 
アルコホーリックはノーマルな人々以上に、厳しく生き方を変え続けて成長を目指さなければならない。12ステップはそのことを提案している。他の人がどうであろうと、そうしなければ彼らは生きていけないのだから。
 
人は罪を犯し法によって裁かれても、生き方が変わらなければまた同じ過ちを犯す。彼らもまたアルコーホーリック同様に生き方が分からず、罪を犯しているのだとも言える。
 
犯した罪は法によって裁かれなければ、社会の秩序が保たれないが、根本的な解決はその人の内面が変わることによってでしか得られないだろう。

12ステップは、あらゆる偉大な宗教の原理と同様に、生き方が分からずに苦しんでいる、全ての人間が生きていく上での普遍的な原理を示している。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。