ボーラインノット(もやい結び)

「結びの王様」とも呼ばれるボーラインノット(もやい結び)。

ブーリンノットとも呼ばれて、その昔はエイトノットではなく、この結びがクライミングでハーネスとロープを結ぶのにも使われてたらしい。

山の世界では、王様の座はエイトノットに移った感じだけど。

大変強固な結びでありながら、強いテンションがかかった後でも解きやすい。

一方、開き方向に弱いと言う欠点があるため、クライミングで使用されることはなくなったが、素早く巻きつけられる結びとして幅広く使える。
 
輪を作って対象物に引っ掛けたり結びつけたり。


① 結び付けるものに時計回りにロープを巻きつける。

② 末端側ではない方のロープを1回ねじり内側に輪を作る。右手でロープの上側を、左手でロープのし下側を持って時計逆回りに1回ひねる。末端側ではない方のロープが輪の下側になる形。
③ 末端側のロープを下から輪に通す。
④ さらに輪の下のロープに下側から通す。
⑤ 輪に上から通して締め上げる。
 
ダブルフィッシャーマンズノットで末端処理をすること。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!