白樺高原国際スキー場

 
【日程】 2019年2月9日(土)~10日(日)
【天候】 2/9曇りのち雪 2/10晴れ
【山域/山名】蓼科 白樺高原国際スキー場
【分類】 ゲレンデスキー(個人山行)
【CT】 
2/9 自宅(5:00)ーペンション サワルージュ(8:30-9:00)ー白樺高原国際スキー場(9:10-16:30)ーペンション サワルージュ(泊)
2/10 ペンションサワルージュ(8:40)ー白樺高原国際スキー場(8:50-16:30)

かねてから約束していた仲間とスキー合宿。ゲレンデはスキーヤーオンリーで緩斜面中心の白樺高原国際スキー場。

ここのところ毎年来るようになったスキー場だ。ゆるゆると楽しむには丁度良い。

白樺湖畔の宿に立ち寄って、先にリフト券の引換券をもらう。白樺湖は凍っているが、いかにも氷が薄そうで怖くて歩けない。


思ってた以上に雪が少なく、スキー場へ向かう道路には雪が全くついていないほど。準備を整えゲレンデへ。曇り空で蓼科山は雲隠れ。


弟1クワッドで上がり、初心者の仲間にハの字のハ~ハ~とボーゲンを教えながら初級斜面を何本か。

右ターンは左パンチ、左ターンは右パンチ作戦。次は右パンチ、次は左パンチの声が飛ぶ。


ゲレ食は味噌ラーメン。


スキーウェアが透けて見えるゴーグルはないものかと黙考。
 
午後はゴンドラでゲレンデトップまで上がる。雪がなかなか激しくなってきて、これはこれで冬らしくて気持ち良い。


結局リフト終了までがっつり滑った。


宿の芹ヶ沢温泉は、優しいアルカリ性ぬるめで長湯でき超絶気持ちよし。牛ヒレ肉とフォアグラ美味しゅうございました。 
白い小枝たちが美しさを競演。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。