エイト環による懸垂下降のセット

ビレイデバイスはATCが当たり前で育った世代にとって、懸垂下降用のディッセンダーも当然ATCであり、装備増やすだけのエイト環で懸垂する機会というのはほぼないのではないだろうか。

ベテランさんには当たり前のこのデバイスも、最近の人たちは持ってすらいなかったりする。

しかしレスキューとなればエイト環が断然有利だし、そうでなくてもエイト環ぐらいまともに扱えないようでは恥ずかしい。

他のデバイス同様、カラビナから外す際は落とさないように最新の注意。

① エイト環の大きな環にカラビナを通しビレイループにセット。

② 折り返したロープをエイト環の大きな環の下から通す。


③ 小さな環の外側にかけて、両外側に引っ張って締める。


④ 両側ロープで固定され落とすことはなくなった状態で、エイト環をカラビナから外して時計回りに反転させる。
 
⑤ 小さい環にカラビナを通してビレイループにセットし懸垂開始。
 
(利き手に応じて向きは逆でも構わない。)
 
⑥ 懸垂下降を終えてエイト環を解除するときは、エイト環を落とさないように、大きな輪をカラビナに通してギアラックにかけてからロープを解除。
 
レスキュー用に使用しているエイト環、クライミングテクノロジーのオットーレスキュー。

2本の角が下降途中でのロープ固定を容易にして、環が大きいためロープ連結部の結び目通過も簡単。

もう少し軽いといいんだけど。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!