阿弥陀岳北稜

 
【日程】 2019年3月8日(金)~9日(土)
【天候】 晴れ
【山域/山名】 八ヶ岳 阿弥陀岳北稜
【分類】 アルパインクライミング(個人山行)
【CT】 
3/8(金)西立川駅前集合(19:30)ー双葉SA(21:00-21:30)ー八ヶ岳山荘(22:00)泊
3/9(土)八ヶ岳山荘(5:00)・・・美濃戸山荘(6:00)・・・行者小屋(8:20-9:10)・・・阿弥陀岳分岐(9:20)・・・尾根取付き(9:30)・・・ジャンクションピーク(10:20)・・・第一岩峰(11:00)・・・第二岩峰(11:20)・・・阿弥陀岳山頂(12:40-13:15)・・・西ノ肩(13:30)・・・不動清水(14:45)・・・御小屋山(15:20)・・・美濃戸口・舟山十字路分岐(15:25)・・・美濃戸口(16:40)・・・八ヶ岳山荘(17:00-17:30)
 


八ヶ岳雪山バリエーション阿弥陀岳北稜へ。

一昨日までのまとまった降雪で、場所によっては一気に100cm以上降り積もったとの事前情報。

雪崩も要警戒な状況で直前までどうするか悩む。行者小屋まで上がり現地の状況を見てから判断しようということに。

美濃戸口入りして、久し振りに八ヶ岳山荘仮眠室前泊。予約しておくと2,000円で布団付き、綺麗な二段ベッドで寝ることが出来る。
 


4時に起きて軽い朝食を済ませてからヘッデンをつけて出発。美濃戸口までの路面は雪がないが、南沢を進むにつれ次第に雪が出てくる。行者小屋までアイゼンはつけなかった。
 
 
 
 


あの白き頂に立ちたいという強い思いが湧き上がる。雪崩を警戒し下山は御小屋尾根を下降することにして、僕らも装備を整えビーコンチェック。

赤岳文三郎尾根方向に進んで、阿弥陀岳分岐を右に折れる。トレースがついてたのでほっとした。
 


少し進んでトレース通り中岳沢を左側に行き、右手から尾根に上がった。
 
 
深い雪の急傾斜を息を切らせながら登っていくと、次第に展望が開ける。横岳西壁、そして赤岳。
 
 
 


ロープを出すか迷ったがフリーでいくことに。

やわらかい雪にアイゼンを蹴り込みながらステップを作り、アックスを振り下ろすかダガーポジションで保持して着実に登っていく。

第一岩峰基部で雪面にアックスでセルフを取りロープを出す。今回はシングル50m。1P目は僕がリードさせていただくことに。

それにしても素晴らしい眺めだ。赤岳主稜に取り付いてるクライマーの姿も見えた。
 


岩峰の左から回り込んで踏み跡をズボズボと辿ってハーケンが打たれてるのを見つける。ここにランナー取ってから取り付いた。
 
 

2P目はパートナーがリードして第二岩峰を正面突破。強いパートナーもホールドが雪と氷で埋まってて、出だし少し苦労。
 


フォローで僕が続いて、第二岩峰に続くナイフリッジも慎重に通過。2P目はハイマツの枝で支点取ってビレイして頂いた。

これで核心部終了。あとは山頂に抜けるのみ。余分なロープをお互いチェストコイルにして、コンテで山頂へ。最後はトップでいかせてもらう。
 
 
 


両側切れ落ちたヤセ尾根を慎重に下降しハシゴを通過して、フィックスロープにも助けられながら急峻な尾根を下っていく。下山も全く油断できない。

樹林帯に入ると一安心だけどもう足ガクガクで、やわらかくてアイゼンの効かない雪に何度もバランス崩した。

舟山十字路との分岐を右に進んで美濃戸口へと下山。トレースはあり迷うことはなかった。
 
 


きつかったけど、素晴らしいクライミングが出来た。付き合ってくれたパートナーに感謝。
 
 
今回初めて使ったアックス、カシンのXライト。シングルで使ったがバランス良くてとても振りやすかった。
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!