レスキュー技術検定 in 鷹取山

【日程】 2019年5月26日(日)
【天候】 晴れ
【山域 山名】 三浦丘陵 鷹取山
【目的】 検定会(日本アルパインガイド協会レスキュー技術検定)
【CT】 追浜駅(7:35-7:46)-<京急バス>-たかとり小学校BS(7:55)・・・鷹取山(8:35-16:40)-一二三凱旋楼(17:15-19:30)解散

日本アルパインガイド協会のレスキュー技術検定。都岳連プロガイド研修のオプションとして、この半年間取り組んできた。

初級の審査項目は次の通り。

① 自己脱出技術(宙吊り状態から10m程度ロープを登高)
② 結び目のあるロープをラッペルする
③ 引き上げ技術
④ 要救助者を降ろす(ガイド単独で救助・カウンターラッペル技術)
⑤ 要救助者を降ろす(ロープ操作補助者が居る場合)
⑥ 懸垂下降トラブルの救助(上方からのアプローチ、別ロープによる救助)
⑦ ロープ担架の作成の搬送
⑧ 腕の骨折応急処置
⑨ 装備は持っているか
⑩ レスキューに必要なロープの結びと使い方

今回の受験者16名が4班に分かれて検定開始。僕はしょっぱなから、オ大チョンボを犯してしまい早くも半死半生状態で白目。

息絶え絶えの金魚のように口をパクパクさせながらも、とりあえず最後までやり切った。ミスも自分の実力不足から出てしまったこと、仕方がない。

結果はともあれ検定の準備を通して、多くのことを学ぶことが出来た。

ご指導いただいた先生方、先輩方には本当に感謝です。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。