谷川岳一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁 南稜

 
【日程】 2019年6月1日(土)~2日(日)
【天候】 曇り
【山域 山名】 谷川岳一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁 南稜
【目的】 アルパインクライミング(個人山行)
【CT】 
6/1(土) 自宅(4:40)ー桶川駅前(7:00)集合ー谷川岳ベースプラザ(11:00-11:30)・・・一ノ倉沢出合・アプローチ下見(12:15-13:35)・・・谷川岳ベースプラザ(14:50)ー谷川ラーメン(17:00-17:30)ー谷川岳ベースプラザ駐車場(泊)
6/2(日)
谷川岳ベースプラザ(3:10)・・・一ノ倉沢出合(4:00)・・・テールリッジ(4:40)・・・南稜テラス(5:50)・・・南稜終了点(11:00)・・・南稜テラス(15:00)・・・一ノ倉沢出合(17:10)・・・谷川岳ベースプラザ(18:10)ー桶川駅前(21:00)解散
  
 
都岳連仲間3人で谷川岳一ノ倉沢南稜アルパイン。

土曜日早朝、桶川駅前で待ち合わせして仲間の車で谷川岳ベースプラザへ。

一ノ倉に入るには、群馬県条例で指定された所定の登山届を10日前までに提出して承認を得る必要がある。東京都山岳連盟会員証を持っていれば当日提出で可(当日提出可の要件は条例に定めあり)。

初日は一ノ倉沢出合まで歩いてアプローチの雪渓を軽く下見。
 
 


とりあえずいつ崩落するか分からない中央部は避けて、テールリッジへのコース取りに目星を付ける。

ベースプラザへの帰り、マチガ沢のビーナスがある5mほどの岩場に、トップロープで登ってるクライマーの姿が。

明日に備え、谷川ラーメンでカロリー補給をして、この日はベースプラザ駐車場泊。

翌朝2時に起床し朝食を済ませてヘッデンをつけ出発。一ノ倉出合に到着して次第に明るくなってくる。
 


雪渓の右岸からフィックスロープのあるテールリッジへ乗っかる。
 
 


テールリッジを登りきった先が中央稜の取付き点。そこから烏帽子沢奥壁の下をトラバースしながら南稜テラスに向かう。このトラバースもちょっといやな感じ。
 
 
 
今回僕らは3人のため、結び替えるのも時間食っていやだし、ダブルロープ2本それぞれにフォロー2人継続登攀システムとした。

リーダーは今回初見にもかかわらず、さすがの度胸と登攀力。脆い岩といつ抜けるか分からないようなプロテクション、ジムやフリーではありえないようなランナウトと、グレード以上に全く気を抜けない。
 
右に目をやると中央稜かな、登攀中のクライマーが小さく見える。あらためてすごい壁だな一ノ倉は。
 
 
 


3P(Ⅱ)30m
草付きの緩衝地帯。コンテでもいけると思うが念のためスタカットにした。
 


4P(Ⅳ)20m
ハングした岩を左から回り込む。

5P(Ⅳ)45m
6ルンゼ側の岩場から右の馬の背リッジへ、高度感あり爽快。終了点を取るポイントによると思うが、50mロープでギリギリだった。
 
 
 
無事に完登。
 
 
当初は国境稜線まで抜ける予定だったが、急激に雲行きが怪しくなってきたため懸垂下降に変更。
 
 
終了点から少し上がった左側奥に6ルンゼの下降点あり、ここから下降開始。さらに右側へ懸垂継続して4P終了点へ(最初の懸垂45mほどしたら次の懸垂支点あったようだが、分からなかったのでその手前で一度切って、4P終了点までは3回懸垂したはず)。
 
 
懸垂を繰り返して南稜テラスまで下降。
 


しかし下降は思った以上に時間がかかってしまい反省。襷がけから繰り出したロープが絡まったり、ロープがスタックしてしまい回収に手間取ったり。上から繰り出してもらうのが一番確実に感じた。

南稜テラスからの下降はけっこういやらしい。無理せずここも2回懸垂した。
 


テールリッジのスラブをソローリソローリとクライムダウンしてたら、仲間からもう立って歩けますよと笑われる始末。

最後の雪渓を抜けて無事に帰還。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!