ファーストエイドキットの中身

 
山行中に負傷などをした場合、応急処置を行うためのファーストエイドキット。日帰りハイキングでも、必ずザックにはジップロックにまとめて入れるようにしている。

キットの内容は充実してるにこしたことはないが、出来る限り軽量化を図る必要もある。
 
僕のファーストエイドキットの中身も試行錯誤だけど、現在は基本的に次のような感じ。

・三角巾
骨折時の固定や止血用の布などマルチに使える。

・包帯
傷口の大きな外傷用に止めやすい粘着付き包帯。

・サムスプリント
部位の固定に使われる、使用部位に合わせ成形可能な副木。

・ガーゼ
傷口の保護に使用。

・テーピングテープ
固定に使う太めの非伸縮テープ。

・コンタクトレンズの予備
万が一紛失、破損してしまいメガネも予備もなかったらかなり重大事。

・バンドエイド
ちょっとした岩角でも手を切って出血は珍しくないため必需品。

・刺抜き
棘が刺さって傷口に残るということも意外と起こる。

・ステロイド軟膏
虫刺されや皮膚に炎症を起こした場合に備えて。夏はけっこう活躍。

・経口常備薬
ロキソニン、胃薬、総合感冒薬

・穴開きペットボトルキャップ
ペットボトルの水で傷口を消毒する際にあると便利。

・500ml水ペットボトル
傷口の洗浄などのため飲まずに1本必ず持っておく。

・使い捨て手袋
応急処置時の感染予防。

・ポイズンリムーバー
蜂・毒虫等に刺され場合、毒液や毒針を抽出(使ったことないが)。

・エマージェンシーシート
緊急時に体温低下を防ぐ。かさばるものでないし、ツエルトとは別に持っておきたい。

・その他
ハサミ、ライター、予備電池、 細引き 

 内容に正解はないと思うけれど、いざという場合に備えて準備だけはしておきたい。
 
 

 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!