「岳人列伝」村上もとか(著)

 
山岳漫画の金字塔と評される、アルパインクライミングを題材とした短編集。
 
品がまとめられたもの。
 
1982年の講談社漫画賞では、あの『タッチ』と競った結果、少年漫画部門を受賞したらしい。
 
山をやらない人がこの作品を読んでも、狂人の沙汰としか思えないかもしれない。
 
命を危険に晒して、なぜそこまでして山に登る必要があるのだろう。
 
僕自身はヘナチョコな登山しかしてないが、山をやらない友人たちからは会うと決まって、「そんなに山に登ってどうするの?」などと聞かれる。
 
その問いにどんな答え方をしたとしても、彼らには到底理解されないだろう。せいぜい、「今に死んじゃうよ」と心配されるのがオチだ。
 
どの作品も面白かった。山をやる人は是非読んでほしい。
 
「南西壁」
残された登山隊メンバー1人とシェルパ1人の壮絶な最後の行動。
 
「裸足の壁」
に挑む。

「北壁」
8年前に遭難した長男の遺体を回収に、プチドリュ針峰北壁未登ルートへ再び挑む父とその次男の物語。

「遠い頂」
記録から抹消された物語。

「ザイル」
、グランド・ジョラスに挑む。

「ヒマラヤの虎」
タイガーと呼ばれた伝説的シェルパに鍛えられた少年が高所シェルパへと成長を果たす。

「吹雪」
父が山を止めた理由を辿るため、冬期霞沢岳に単独で挑む未熟な青年。遭難したところを有名女性登山家に助けられ、その後数奇な運命を辿る。

「K2」
K2未踏の北西稜ルートに挑むアメリカ・ドイツ合同隊。悪天で死者が出て隊長が撤退指示をするも、登頂を諦めきれない5人が指示を無視して行動。
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。