北アルプスど真中の山々③(水晶岳~鷲羽岳~三俣蓮華岳〜双六小屋)

 
【日程】 2019年8月1日(木)~8月4日(日)
【天候】 8/1晴れときどきガス 8/2晴れのち曇りのち雨 8/3晴れ 8/4晴れ
【山域 山名】 北アルプス 黒部源流部(薬師岳~高天原〜雲ノ平~水晶岳~鷲羽岳~三俣蓮華岳)
【目的】 縦走(会山行 例会)
【CT】
7/31 新宿西口23:00発(毎日アルペン号)
8/1 折立登山口(6:50-7:10)・・・太郎平小屋(10:50)・・・薬師峠(11:15)・・・薬師岳山荘(12:40)・・・薬師岳(13:30-14:00)・・・太郎平小屋(16:00-17:35)・・・太郎山(17:45)・・・太郎平小屋(18:00)
8/2 太郎平小屋(5:45)・・・薬師沢小屋(7:30)・・・黒部本流・B沢合流地点(9:00)・・・高天原峠(11:10)・・・高天原山荘(12:05)・・・高天原温泉(12:20-12:40)・・・高天原峠(13:30)・・・雲ノ平山荘(15:30)
8/3 雲ノ平山荘(5:40)・・・祖父岳(7:00)・・・ワリモ北分岐(7:40)・・・水晶小屋(8:25)・・・水晶岳(9:00)・・・ワリモ岳(10:40)・・・鷲羽岳(11:20)・・・三俣山荘(12:20)・・・三俣峠(13:10)・・・三俣蓮華岳(13:30)・・・双六小屋(15:10)
8/4 双六小屋(5:50)・・・弓折乗越(6:50)・・・鏡平山荘(7:20)・・・秩父沢出合(8:40)・・・わさび平小屋(9:40)・・・新穂高温泉(10:40-11:30)ー(濃飛バス)ー松本駅(13:35)


8/3、縦走3日目。この日は雲ノ平山荘を出て、水晶岳〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳と縦走して双六小屋まで。

朝食をすませ雲ノ平山荘を後にする。夜中は激しく雨が降っていたが、朝起きたら止んでいた。
 


木道を歩きながら水晶岳を目指す。
 
 


ガレ場を登り祖父岳手前、ライチョウさんの姿が。ヒナは母親の下に隠れてしまった。

笠ヶ岳。
 


雲が美しい。
 


祖父岳山頂。
 


素晴らしい眺望。
 


槍さん。
 


素晴らしい尾根歩きが始まる。

ワリモ北分岐で不要な荷物をデポ。身軽になって水晶岳を目指す。
 
 


ゆるやかに登り水晶小屋へ。
 


ここから水晶岳へピストン。



山頂直下は岩場となる。
 


個人山行で来ていた別パーティーの会の仲間とバッタリすれ違った。

岩がキラキラと光ってると思ったらなるほど水晶岳の水晶。
 


水晶岳山頂。ゴツゴツとして狭い。
 


それにしても言葉を吞む美しい眺め。まさに四周山、北アルプスの核心部だ。眺望を楽しみながら戻る。
 
 
 
 


ドローンがブンブンうるさい。
 


ここから三俣山荘まではざらざらの長い下り。次第に足がガクガクしてくる。
 
 


一踏ん張りして三俣蓮華岳山頂。
 
三俣蓮華岳は富山、岐阜、長野の三国の境。元々はこの山が鷲羽岳であったが、明治末期に三俣蓮華岳と誤称され、そのまま定着化してしまったらしい。

この山を基点として北西に立山連峰、北東に後立山連峰、南には槍穂につながる尾根が延びる。

 


ゆるゆるとお花を楽しみながら下って双六小屋到着。
 
 


双六小屋名物、天ぷら美味い。
 


3日連続の10時間コースの疲れも吹き飛ぶ、最高の北アルプス稜線歩きだった。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。