愛知川水系 神崎川本流

 
【日程】 2019年8月24日(土)~25日(日)
【天候】 晴れ
【山域 山名】 鈴鹿 愛知川水系  神崎川本流
【目的】 沢登り(会山行  例会)
【CT】
8/23 自宅(15:00)ー四日市市内宅(21:00)前泊
8/24 四日市市内宅(8:10)-神崎橋ゲート前駐車スペース(9:20-9:30)・・・瀬戸峠登山道出合(11:20)・・・入渓点(11:50)・・・取水堰堤(13:30)・・・神崎橋ゲート前駐車スペース(14:40)ー四日市市内宅(16:00)泊
  
8/25 四日市市内宅(8:10)-朝明駐車場(9:00-9:10)・・・羽鳥峰(10:50-11:00)・・・ハト峰峠(11:05)・・・ヒロ沢出合(12:00-12:15)・・・大瀞(13:30-13:45)・・・中峠(14:45)・・・朝明駐車場(16:00)-四日市市内宅(17:00)解散
  

昨年に引き続き会の例会で鈴鹿の美渓、神崎川へ。今回は計6名参加し、昨年同様に四日市在住の会の先輩宅にお世話になった。

金曜日、仕事を早めに切り上げて出発。

岡崎SA初見参。元祖釜揚げうどんで知られる大正庵釜春の味噌煮込みうどんぐつぐつぐつ。
 


初日翌朝、先輩宅から車2台に分乗して出発。神崎橋ゲート前にある駐車スペースに車を停める。

ゲートから先は鍵がかかっていて一般車両は入れないが、キャニオニングのツアーガイドたちは鍵の番号を買っていて開けられるシステムで、ガイドの車が行き来していた。
 

瀬戸峠登山道出合から下降して入渓点へ。初日はここから取水堰堤まで、沢登りではなくて沢下り、いわゆるキャニオンニングをすることに。
 
白き花崗岩の大岩。
 
   
ひゃっほー。
 
  
しかし前日の雨でかなり増水しており、昨年とは違った渓相。

去年はプカプカ流れに身を任せて下っていたところも、水流が強すぎて全くコントロールできない。下手するとそのまま滝壺の藻屑と化しそうで怖い。
 
 
 
核心のトラバース、この日は水量多くて突破できず。高巻いてから懸垂下降。
 

瀞や浅瀬はぷかぷかと楽しむ。
 
 


本当に美しい沢だ。
 
 
サンショウウオ?
 

取水堰堤が現れたら泳いで渡って梯子を上る。ルパン3世の気分。
 
 


2日目は朝明渓谷から入って、ヒロ沢出合から大瀞まで遡行することに。

朝明駐車場は駐車料金500円。
 


まずは朝明から林道コースで羽鳥峰まで登る。
 
 
 
羽鳥峰は白き花崗岩の美しい頂で爽快。ここで小休止。
 


ハト峰峠まで少し下る。
 
 
羽鳥峰湿原と呼ばれる場所から、神崎川支流の一つヒロ沢沿いを神崎川本流との出合まで下っていく。
 
明瞭な登山道があるわけではなく、踏み跡とピンクテープを辿る。基本、沢沿いに下っていくので道迷いの心配はない。
 

神崎川本流との出合近く、大きめの滝が落ち込んでいた。

出合で入渓。
 
 
ロープを出すようなところもなく大瀞へ。美しいゴルジュ。
 
 


ザックを置いて飛び込んでぷかぷか~。
 


滝に向かって泳いでいくと水流で戻されるため、岸につかまりながら接近。
 
 

 
下水晶谷からピンクテープを辿りながら登り中峠へ。
 
 
 


大きな滝。
 


ようやく朝明への林道に出て一安心と思って足元を見たら、なんとまたヒルが張り付いていて絶叫。

そして駐車場に戻ったら、他のメンバーもけっこうヒルがくっついていて大騒ぎに。

ヒルの洗礼は受けたものの、今回も美しい神崎川と戯れて最高に楽しい2日間だった。

今回も大変お世話になりまして有難うございました。

帰りの岡崎SAで名古屋名物、矢場とんの味噌かつの美味さに涙しながら無事帰京。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。