三ツ峠屏風岩 中央カンテ

 
【日程】 2019年8月31日(土)
【天候】 曇りのち晴れ
【山域 山名】 御坂山塊 三ツ峠屏風岩  中央カンテ
【目的】 マルチピッチクライミング(個人山行)
【CT】自宅(6:00)ー西国分寺駅前(7:10)集合ー三ツ峠登山口駐車場(9:30) ・・・四季楽園(10:35-10:50)・・・屏風岩(11:00-16:30)・・・馬返し(17:15)・・・達磨石(17:50)・・・三つ峠駅(18:40)
  
 
会の仲間ら8人で三ツ峠マルチピッチクライミング。今回はつるべで中央カンテを登攀。

車2台に分乗して三ツ峠登山口の駐車スペースへ。向かう途中、雨がパラパラと降ってきたがすぐに降り止んだ。

駐車場で都岳連ガイドの先輩らとバッタリ。ゆっくりと四季楽園まで歩く。
 
 

易しい階段状を広い第1バンドまで10mほど登る。残置ハーケン多くプロテクションはこまめに取れる。

第1バンドには大きく頑丈なアンカーあり、スリングをツーバイトにして支点構築。
 
 
右横にも同じく大きなアンカー。2組目のリードも上がってきてビレイの準備。
 


 ・2P目(Ⅲ) 

左上に伸びる20m斜上ほどの斜上バンド、通称、左上ランペを登る。

残置は豊富でプロテクションは問題なく取れる。1Pほど簡単には登れないが、特に難しいというわけではない。
 


2P目終了点はボルト×2。右側にももう1か所、終了点あり。

・3P目(Ⅳ+)

核心のクラック15mほどのルート。
 
 
出だし、ランナウト怖くてリンクカム #1を決める。ハンドジャムとフットジャムをちょこっと使ったが、足は外にステミングでズリズリと上がっていく。

傘雲をかぶる富士山。
 
 
3Pフォロー。
 

 
 ・4P目(Ⅳ) 

リードはクラック沿い左上した後、最初は左からいこうとしたが、プロテクション取れなかったようで右側から上がる。
 
 
僕もフォローで上がる。
 


無事に2人とも完登。
 

 終了点右横に懸垂支点があり、ここから2P終了点まで懸垂下降。
 
 
さらにもう1P懸垂して取付き点へ。
 


一休みしてから、1P目のリードを交代してもう1回つるべで登ることに。

今度は1P目がパートナー。
 


2P目は僕はリード。最初、右に行き過ぎて戻った。2組目も上がってくる。
 


ここで時間切れとなり懸垂。蒸し暑さのせいかけっこう疲れた。そしてジム用のシューズ持ってきてしまったため足が痛い。

他のみんなは泊まりだけど、僕は翌日に例会計画してるため下山開始。
 
電車で帰らねばならないため、はじめて三つ峠駅までの登山道を下る。

2時間あまり誰一人ともすれ違うことなく、さみしいから絶叫してみたり。
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。