モミソ沢懸垂岩

 
【日程】 2019年9月14日(土)~15日(日)
【天候】 曇り
【山域 山名】 丹沢 モミソ沢懸垂岩
【目的】 セルフレスキュートレ(個人山行)
【CT】
9/14 自宅(5:30)ー府中本町駅(6:40)集合ー 新芽ノ沢出合付近駐車スペース(9:40)・・・懸垂岩(10:00-14:20)・・・駐車スペース(14:35)ーどんぐり山荘(15:10)泊
9/15 どんぐり山荘(8:10)ー駐車スペース(8:45)・・・懸垂岩(9:00-14:30)・・・駐車スペース(14:45)解散

会の先輩にご指導いただき7人でレスキュー訓練。大倉のどんぐり山荘に一泊して、モミソ沢懸垂岩で実施。

初日、車2台に分乗して懸垂岩へ。新芽山荘前の広場を過ぎて、新芽ノ沢出合付近の駐車スペースに駐車。

駐車スペース近くから急斜面を下降して、新芽ノ沢沿いを左手に進み水無川を渡渉すると懸垂岩。水量多くて渡渉はドボンしないよう慎重に。
 

先行は誰もおらず、岩場の右手から上がってまずは上にフィックスを張る。
 

最初は登り返し。
 
 
僕は上のアッセンダーにシャントを使いフットループをセットして、試しにこれだけで上がろうとしたが上手くいかず。

アッセンダー2つにして、立ちこむと同時に、下のアッセンダーから出るロープを引き上げるスタイルがやはり慣れて登りやすい。

次にリーダーレスキュー。まずは仮固定からテンションを支点に移して登り返し、懸垂用のロープをセットするところまで。
 

これを順番にやってたら、小雨がパラパラと降り出して岩が滑ってきたので終了とする。

駐車スペースまで戻って出発したところでヒル被害判明し一騒動。岩場は大丈夫だけど、草むらに入るとやはりやばいようだ。

本日の宿、大倉のどんぐり山荘は民家一軒貸切といった感じで、なんか合宿みたいだ。トイレに巨大なクモ現れて悲鳴。
 

夕ご飯はペンション風の別の建物。夕ご飯前の飲みで、すでに出来上がってる者も。
 

2日目。朝ご飯を食べて、1/1、1/2、1/3の引き上げシステムを確認してから出発。
 

岩場はシャントを使ってソロで練習してる方がいらしいていたが、それ以外は僕らのみ。

まずは昨日の続きでリーダーレスキュー。振り分け介助懸垂。
 

次に1/3引き上げ。僕はマイクロアッセンダー+プーリー+シャントでシステムを組む。アッセンダー使わないストッパーはオートブロックで。
 

その次にディスタンスブレーキ。ムンターヒッチでの降ろしとダブルデミ・キャブスタンでの降ろしとをそれぞれ。

最後にリーダーレスキューのオペレーションを通しでやって終了。
 

充実した2日間だったが、やはりヒルは姿を現し、トイレで草むらに入って気付いたら靴の上2匹ウネウネしてて悲鳴上げたがつまんで退治できるまでは成長した。

皆さん、お疲れ様でした。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。